出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第25回 三河ごーすと

プロフィール

『ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー』にて第18回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞し、同作品でデビュー。2014年1月に刊行した『祓魔学園の背教者II ―ミスティック・ミスト―』も好評。

祓魔学園の背教者02
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
高校二年生~高校三年生の時期ですね。二年生のときに書き上げた長編小説が、自分でも驚くほどつまらなくて、きっと面白くない理由があるに違いないと考え、一年間ぐらいずっと小説を読みまくり、アイデアを面白く伝えるにはどうすればいいのかをがっつり研究していました。拙いながらもようやく「これは面白い」と自分で思える作品を書けるようになったのは高校を卒業する直前ごろでした。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
自分の無知をさらすようで恥ずかしいですが……投稿を始めた当初、私がライトノベルレーベルとして認知していたのは、電撃文庫とコバルト文庫だけだったんです。自分が書きたい方向性の作品に合っているのは電撃かな、と思い、ずっと電撃大賞に挑戦していました。初投稿作品が二次選考通過で三次落選。翌年の挑戦でも同じく三次落選。他のレーベルの存在を知ってからは一、二年ほど、他の新人賞にしか挑戦しなかった時期がありまして、その後、浮気(笑)をやめてふたたび電撃大賞に送ったところ受賞できた――という感じですね。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
実はもともと小説という形態にこだわっていたわけではなく、映像脚本、漫画原作など、自分の面白いと思うストーリー、魅力的だと思う人物を描けるならなんでもいいと考えていたのです。そんなときに電撃文庫のある作品に出会い、小説で表現できる内容の幅広さを知り、ひとつこの媒体で勝負してみるか……と決めました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
カードゲームとハリウッド映画ですね。就職前の最後の挑戦だ、と思っていたので、自分の好きなものをとにかくぶちこんでやろうと。中高生時代に遊んでいた「マジック・ザ・ギャザリング」というTCGや大学時代に大量に観てきたハリウッドのSF映画、アクション映画などから着想を得ていました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
今まで落選した作品の評価シートの内容を活かそうと考えていました。「設定や世界観などがありがちである」といった評価や「後半の盛りあがりに欠けている」といった意見をもらうことが多かったので……受賞作では、とにかく勢いや盛り上がりを大切にし、なおかつ斬新なアイデアを盛り込むように心がけていましたね。
ゲームのルールや特殊な世界観など、読み手に伝えなければならない情報があまりにも多かったので、どのように伝えていくか……という点については、とても苦労した記憶があります。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
ばっちりチェックしていましたね。
ですが、最終選考に残ったという連絡は、二次選考通過が発表された後で、ちょうど気を抜いていた時期だったので、不意をつかれた気分です。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
精神的にふっきれたことが決め手だったかなと。好きなものを全部詰めこもう、誰もやっていなくても自分が面白いと思った題材ならコケてもいいから突き進もう――と考えて、出し惜しみなどを一切せずに好き放題に要素を盛り込みまくったので。精神論になってしまいますが、その情熱とか楽しく書いた雰囲気が編集部や選考委員に伝わったのではないかと思います。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
自分の本が並ぶのをこの目で見ようと近くの大型書店に足を運んだり、秋葉原のオタク系の専門店に出向いたり……当時の勤務先の近所にある書店で毎日のように「買ってもらえてるかしら。どうかしら」と確認していました。デビュー当時は本当にうぶでしたね――と言いつつ、今でも発売日には書店めぐりをしてしまうわけですが……。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
想定される読者さんの多さを意識して萎縮してしまった時期があり、そのときはどんな文章を書いたらいいのか、どんなシーンを書けばいいのかわからなくなってしまい、だいぶ苦労しました。逆にその壁を乗り越えた瞬間は爽快でしたね。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
最近は、「文章をわかりやすく、読みやすく書く」ことと「狙いを明確にする」ことですね。相手は読書のプロではなく初心者であると仮定して、読書に慣れていなくても気楽に楽しめるようにと考えています。それと、作ったキャラクターに対して、とことんまで向き合うこと。やはりキャラには最大限に魅力を発揮してほしいですからね。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
月並みですが、読者さんから「楽しい時間を過ごせた」とメッセージをいただいた瞬間です。現実で楽しい出来事に飢えていたり、うまくいかないジレンマを抱えていたり――読者さんの中には、そのように満たされていない方もいました。彼ら彼女らのぽっかり空いた部分を埋めるなんてことは、他の職業ではなかなかできないことだよなーと思ったとき、ああ、作家になってよかったな、と。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
中途半端ではなく突き抜けてみてください。
自分の好きなものを書くのだと決めたら、よけいなことは考えない。「これはここに面白さがある作品なんだ!」と思ったら、まっすぐそこに向かう。「売れるor売れない」を意識することも否定はしませんが、それならばとことん市場を研究する。
いっちょ突き抜けてみるか! と思いきってみると、結果は後からついてくるのではないかと思います。