出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第26回 三枝零一

プロフィール

『ウィザーズ・ブレイン』にて第7回電撃ゲーム小説大賞〈銀賞〉を受賞し、同作品でデビュー。2014年2月には『ウィザーズ・ブレインVIII 落日の都〈下〉』を刊行。

ウィザーズ・ブレインVIII 落日の都〈下〉
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
実は小説を書いたのは受賞作の「ウィザーズ・ブレイン」が初めてです。それ以前にも頭の中でお話やキャラを妄想することはありましたが、それを何らかの形で出力しようと思ったのはこれが最初でした。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
初投稿でそのまま受賞です。ドラマが無くてすいません。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
勢いで書き始めてしまった原稿が予想外に面白かったため「どこかの新人賞に送ってみるか」という気分になり、調べたらたまたま締め切りに一番近かったのが電撃だった、というのが主な理由です。
なお、その原稿はたまたま本屋で手に取った小説がものすごくつまらなかったのに憤慨して、怒りの発散のために書き始めました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
「ファンタジーの世界にありがちな呪文一発で火の玉が出る類の魔法を徹底的に理論武装したらどうなるか」という思考実験が原点です。そこに自分の科学趣味が合体した結果「未来の世界で物理学と数学に裏付けされた魔法」という設定ができあがりました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
「自分が書きたいこと」と「読者が読みたいこと」の摺り合わせは意識しました。読者に馴染みが無いであろう科学系の知識を正確に説明するとただの教科書になってしまうので、全く理解できなくても「なんだか分からないがかっこいい」という認識で読めるように気をつかいました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
どうせ一次選考で落ちるだろうと思っていたので、最初はチェックしていませんでした。途中でなぜか選考に残っていることに気づいてからは「何が起こっているんだ……」と当惑しつつこまめに電撃系の雑誌をチェックするようになりました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
自分でもよく分かりません、いや本当に。
やっぱり、あの変な世界設定が評価されたんじゃないですかね?
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
受賞を電話で知らせてくれた編集さんに「電撃も無謀なことをしますね」という失礼極まりない発言をしたのが良い思い出です。賞を貰ってはみたものの小説なんかそんなに書いたこと無いし、そもそもこういう賞は苦節何年とか何回も何回も失敗して獲る物じゃ無いのか、ええっ俺小説の書き方なんかわかんないよ、といろいろ困惑していました。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
そんな感じでデビューしてしまったので、受賞後の二作目を書き上げるまでの間に「小説ってどうやって書くんだっけ」「俺、なんで小説書いてるんだっけ」「そもそも小説って何だっけ」というような事を自分の中で再構築する作業が待っていました。ちょうど大学院の二回生で修士論文を書く時期と重なっていたため、研究室にはろくすっぽ顔を出さず、教授には心配され、とりあえず書きかけの論文だけは持って行き、時間に追われたり原稿には行き詰まったり……ううっ、あまり思い出したくない。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
まず、自分が書きたい物を徹底的に突き詰めること。他人がどう思うかなど一切考えずに、限界まで煮詰めます。それが終わったら、次はその「書きたい物」を読者に面白いと認めさせる方法を徹底的に突き詰めます。どちらも一切妥協しなければ、とりあえず誰かに喜んで貰える程度のものは出来ます。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
絵師さんのイラストを見たとき、ファンレターや感想をいただいたとき、あとは原稿を書き終わって「うおー終わったぞー!」とごろごろしながら何をして遊ぶか考えているときですね。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
自分の好きな物を書いてください。市場のニーズだとか世間の流れだとかそんな物は無視して、とにかく自分の一番好きな物を書いてください。そして、それを磨き上げてください。「この話を世界で一番面白く書けるのは俺だ」と言えるぐらいまで磨き上げてください。作家の個性もスタイルも武器も、全てはそこから生まれる物だと思います。