出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第27回 綾崎隼

プロフィール

『夏恋時雨』で第16回電撃小説大賞〈選考委員奨励賞〉を受賞し、『蒼空時雨』と改題してメディアワークス文庫からデビュー。2014年2月に刊行した『赤と灰色のサクリファイス』(メディアワークス文庫)も好評。解決篇となる『青と無色のサクリファイス』は3月25日発売。

赤と灰色のサクリファイス
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
小学生の頃に小説家になりたいと考えるようになり、中学生になってから実際に書き始めました。最初の投稿は遅いのですが、中学生以降はずっと書き続けています。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
働き始めてから、時間を確保するという側面から考えても、小説を書き続けたいならプロにならないと難しいと気付き、投稿を考えるようになりました。最初の投稿は23歳の時で、その年の受賞作である『塩の街』に感動し、電撃小説大賞に応募しました。翌年も応募しましたが、共に一次落ちだったこともあり、自分はいわゆるライトノベルの新人賞には向いていないと考えるようになりました。(今思えば単純に実力不足だっただけですが)
以降は様々な一般文芸の新人賞に投稿するようになり、28歳で受賞するまで、長編、短編を十本程度投稿していると思います。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
当時は一般向けの新人賞に投稿していたのですが、メディアワークス文庫創刊の告知を見て、再び電撃に応募することに決めました。電撃文庫が大人向けのレーベルを作ると聞き、自分の作風が合致するのは間違いなくここだと思いましたし、勝手に運命みたいなものを感じて投稿しました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
ファンタジーを書いても、SFを書いても、まったく結果が出ず、少し落ち着いて身近にあるものを中心に据え、現代ものを書いてみようと思ったのがスタートです。自分の仕事ならばそれなりにリアリティをもって書けると考え、主人公を塾講師に設定し、好きだった『雨』をモチーフにして連作短編形式で長編を書くことにしました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
冒頭がだれてしまうことを避けたかったので、とにかく物語を早く動かそうと強く意識しました。どういう世界なのか、どんな人物がいるのか、最初に説明してしまった方が書きやすいとは思うのですが、本を手に取って下さる方は設定を読みたいわけではないですし、冒頭から物語の世界に入り込んでもらえるよう、何度も書き直しました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
一次選考も二次選考もチェックしていました。受賞出来ると思っていなかったので、一次通過で選評がもらえるということに歓喜していました。最終に残ったという知らせを受けたことは、人生で一番嬉しい出来事だったように今でも思います。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
メディアワークス文庫はまだ創刊されていませんでしたが、コンセプトを読む限り、自分の作風はこれ以上ないくらい合致しているような気がしていました。そういう賞との相性も一つの要因だったのかもしれません。
ただ、様々な賞で散々落選してきましたので、結局は運の要素が一番大きかったのではと思っています。死ぬ前に、自分が書く物語を面白いと思って下さる編集者と出会えて良かったです。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
小説は基本的に一人で書くものですし、作家という職業に孤独なイメージを抱いていました。しかし、同期の受賞者だけで八人もいましたし、先輩の電撃作家さんたちにもとても良くして頂いたので、あっという間に沢山の友人が出来ました。それがデビュー後の一番の驚きだったかもしれません。
文筆業にまつわる相談も出来ますし、創作とは関係なく、作家さんたちと遊びに出掛けたり、旅行に行ったりという機会がモチベーションに繋がることも多いです。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
一つの作品を作っていく過程で、二十回、三十回と推敲、改稿を繰り返していますが、物語をより適切な形に直していくその時間が一番好きです。改稿のためのアドバイスを担当編集から何度も細かく頂くのですが、書き上げてからも沢山手を入れたい人間なので、毎回、執筆のための打ち合わせはとても幸せな時間です。
もう一つ、デビュー前には想像もしていなかった喜びがあって、それは自分が書いた物語に素敵なイラストをつけて頂けることです。もともとファンだったイラストレーターさんに装画を担当して頂けたという幸運もあるのですが、ともすればそれだけをモチベーションにして書き続けられるくらい、自分にとっては幸福なことでした。
デビュー後に小説を書いていて大変だったことは、特に思いつきません。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
とにかく様々な小説を読むように心掛けています。
子どもの頃から、好きになった作家の本をひたすら読み続けるというタイプの読み手でした。興味のないジャンルには目も向けなかったので、今、自分がよく書いているにも関わらず、いわゆる恋愛小説とカテゴライズされるような作品には手を伸ばすことさえありませんでした。
新人賞の落選を繰り返していた頃、何かのきっかけになればと思い、読書習慣を意識的に変えていきました。名前は知っているけれど読んだことがない作家の本を、一冊ずつ読んでいこうと決め、売れている本、話題になっている本であれば、興味を引かれないジャンルでも勉強のために読むようになりました。
結果的に知ることが出来た新しい世界が沢山ありますし、二年ほどで受賞という結果も出たので、以降もその習慣を続けています。
物理的に時間を十分に取ることが難しい時期もあるのですが、読書のための時間だけは大切にしたいと思っています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
小説を書き続けるためにプロを目指したので、必要とされている限り、物語を描き続けられる環境に身を置けたことが嬉しいです。仕事になったわけですから、それこそ二十四時間書き続けても、誰にも非難される謂れがありません。
デビュー前は、五人の友人に頼み込んでも、読んでくれるのは結局のところ一人か二人という状況でした。それが今では本当に沢山の方に読んで頂き、温かな感想を頂けるわけですから、日々、感謝の念でいっぱいです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
どれだけ面白い小説を書いても、結局は、それを感じ取ってくれる編集者と出会えるか否かだと思います。そこには運の要素も多分に含まれると思います。報われるとは限らない努力を続けるのは大変なことですが、自分の作品を認めてくれる人間と出会えるまで諦めない。そういう覚悟を持ち続けることが大切なのかなと、僭越ながら思いました。