出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第28回 エドワード・スミス

プロフィール

『侵略教師星人ユーマ』で第18回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞し、同作にてメディアワークス文庫からデビュー。2014年4月10日には電撃文庫から『マーシアン・ウォースクール』を刊行。

赤と灰色のサクリファイス
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
覚えているかぎりだと小学四年か五年の頃でしょうか。親が買ってきたワープロを触っているうちに文章を書くのが面白くなってきたんですね。
元々空想の世界で遊ぶのが好きな子供でしたから、自分の頭の中身を手軽に形にできるのが楽しかったんだと思います。
その後も趣味の範囲で二次創作や舞台脚本、ゲームシナリオなどなど。人に教わることも表立った評価を受けることもありませんでしたが、創作の習慣が途切れることはありませんでした。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
高校の頃に他社の新人賞へ一度送ったことがあるんですが、賞を獲りたいというより高校生のうちに一回くらい長編を仕上げてみたいと思って、そのモチベーションのために賞の締め切りを利用したという……完全に手段と目的が入れ替わってます。自分の中ではほぼノーカンです。
それ以降は受賞作まで、応募どころか長編を書くこともなく。そういう欲求もありませんでした。一度書けたんだから、次に書きたい時にも書けるだろう、と思っていたのかもしれません。実際、思っていたよりすんなりと書けましたし。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
言ってみれば就活の一環で。
ちょうど前の仕事を辞めて実家で充電(という名の自堕落)していた頃で、そろそろ本腰入れて再就職を考えようと思っていた時に着想を得て。どうせなら送ってやれ、と。
それで主だった新人賞を検索してみたら、一番締め切りが近かったのが電撃小説大賞だった、というわけでして。
きっかけは就活、選んだ理由は締め切りのタイミング。なんともいいかげんですが。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
東日本大震災の少し後、世の中が混乱している中で薄ぼんやりと浮かんだ「説教する侵略者」のイメージと、前々から持っていたエコロジーや自然保護に対する疑問が結びついたのが最初でしょうか。
正直いい出発点とは思っていないのですけど、既存の価値観に対する明確な姿勢を物語にできたことは、自分にとってひとつのブレイクスルーだったと思います。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
ひとつ前の項目を読んで気づいた方がいるかもしれませんが、着想を得たのは応募締め切りの二週間前でした。なので、時間との戦いが最大の苦労かもしれません。
最初の一週間をプロットと各種設定作りに費やし、本文は残りの一週間で。当時は確か週五でバイトもしてましたので、今振り返っても「よくやったもんだ」と感心します。
工夫らしい工夫は意識していませんでしたね。しいて言えば、下手に考えず自分らしい文章にしようと心がけたくらい。それは今もですけど。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
こういうのは感じ悪いかと思って今まで言ったことなかったんですが……、当時は何の根拠もなく「なにかしら賞は貰えるだろう。デビューだな」と思ってました。本当に。
逆に、「これが箸にも棒にもかからないなら、それは僕が生まれる時代を間違えたということだから、スパッと見切りをつけてまっとうな勤め人になるしかないぞ」と。どちらにしても図々しいこと極まりないですね。
なので途中の選考もチェックせず、ドラフト候補の野球選手みたいに待ってました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
やはりペンネーm……いえ、冗談です。
省みるに、やはり主人公・ユーマのキャラクターが大きかったのかな、と。彼の存在自体が物語のテーマそのものと言っても過言ではない作りになっていましたので、その勢いというか、熱量というか、そういうものが伝わったのではないかと思います。
良くも悪くも、当時の僕の個性と全力を彼に乗せて送り出しましたので。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
会食の場で親しい友人たちに報告した時、「よかったよかった」と一緒に喜んでもらえたのがなによりの思い出。
受賞作のあとがきにもコソッと書きましたが、大学進学からデビューまでの約十年間に僕が得た知識や経験、刺激のほとんどは彼らと共にあったので。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
自分の中の楽しい・面白いイメージを形にしていくのが「お仕事」であることは常にとても楽しいのですが、デビューから一年余りの間は仕事のオン/オフの切り替えが上手くできなくて煩悶してました。
なまじ趣味と仕事の境界が曖昧な分、自分できちんと線を引いて切り替えないとどちらも中途半端になってしまいますので。
今は完全に切り替えをマスターして、遊びも仕事も全力です。
楽しいことといえば、新刊の準備が進んで本が出来上がっていくのを傍で感じられるのは楽しいですね。同業者と接することで様々な個性に触れることができるのも刺激的です。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
常に全力で遊ぶこと。
アイデアにも、イメージにも、文章にも、自分が経験し、蓄積してきたものが出ます。
それはつまり、原稿に向かっていない時間をどれだけ充実させることができるか。それが僕の「遊び」です。
興味のないものにまで手を出すことはありませんが、楽しそう・面白そうと思ったことは実際にやってみる。やると決めたら全力でやる。月並みな言い方をすれば、人生を充実させることこそが最も大事なのだと思って、実践しています。
……おかげで、貯金はちっとも増えません。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
一番は書店に自分の本が並んでいるのを見た時。
あと、「うわ面白い!」っていうものに出会った時もかな。そういう刺激を受けて湧いたイメージやアイデアを形にして世に出すための具体的な手段を持っているので、刺激を受ける喜びもデビュー前より明確です。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
誰に教わるわけでもなく、流行も傾向も知らず、たまたま締め切りが近かったからという理由で応募した僕が賞をいただいて既にデビューから三年目に突入しています。
電撃小説大賞は新たな才能を発掘する場です。目先の流行や小手先の方法論に惑わされて自分を縛らず、その時に出せる全力を表現してほしいと思います。
デビューすれば、いろんな制約や条件を勘案しながら書くことはいくらでもあります。それまで知らなかった「小説の作法」を覚える必要もあるでしょう。
しかし、応募原稿にそんな縛りはありません。これから磨かれる予定の原石が型に嵌まらないからという理由でふるい落とされることなどありえません。締め切りと最低枚数さえクリアすればどんな個性を発揮するのも自由です。
自由だからこそ、どんなものでも可能だからこそ、試されるのは本物の実力と個性だと思ってください。既に輝きを放つことができるのならそれでよし、そうでなくとも「この石は磨けば光るぞ!」と思わせる何かを示すことこそ大事です。
自分の全力を原稿用紙にぶちまけて、送ってください。