出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第29回 樹戸英斗

プロフィール

『なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希。』で第13回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞し、本作で電撃文庫からデビュー。2013年7月に刊行した『巨大迷宮と学園攻略科の魔術師』(電撃文庫)のシリーズ三作目となる『巨大迷宮と学園攻略科の魔術師3』が5月10日発売。

巨大迷宮と学園攻略科の魔術師3
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
高校生の頃です。親のワープロで書いていたことを思い出しました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
たしか、応募三回目か四回目で賞をいただいたと記憶しております。
他の賞に応募したのは、二回です。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
電撃文庫の某二作品に出会い、それがきっかけで電撃文庫の作品をよく読むようになりました。
そして、「やるなら一番大きいところでやりたい」と思い、応募するようになりました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
某有名制作会社の某有名SFアニメを見たのがきっかけです。
気持ちのいいアクションもウリでしたが、青春系のストーリーで、私の趣味と合致していたんですね。
監督さんは、今でも好きなアニメーターさんのひとりです。
私は、様々な分野で活躍されている方のドキュメンタリー番組を見るのが大好きです。
モチベーションのあげ方とか、障害の乗り越え方とか、そういうのを知るのが好きなんです。
苦難や困難にぶつかったとき、どういう行動を選ぶかで、その人間の強さがわかるとよくいいます。
どん底から立ち上がる姿にこそ、人間の本質が現れていると思います。
見ていて勇気をもらえます。
それが、受賞作の応募原稿につながりました。
私も、そういう人間になりたいと思っています。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
苦労したことはありません。少しもです。書いていて、非常に楽しかったという思い出しかありません。
それまでの作品と違って意識したのは、キャラを生かした物語にすることです。
ストーリーを先に考えることが多かったので、やり方を変えてみました。
また、心がけていたのは心理描写です。
青春ものですので、当たり前と言えば当たり前ですが。
終盤の屋上のシーンには気を遣いました。
当時思い出したのは、自動車学校で、出入り口の大きな水たまりに青い空が映っていまして、それがすごいきれいで感動したことです。
そういうちょっとした経験が、作品に生かされていたりします。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
あまり記憶にないですが、チェックしていたような気がします。
結果を待っている間は、次の年に応募する予定の原稿を書いていました。
まさか、賞をいただけるわけがないだろう、と思っていたので。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
運がよかったんだと思います。
元プロボクサーで、元世界王者の畑山隆則さんは、テレビ番組のインタビューでこんなことをおっしゃっていました。
現在王座にいるチャンピオンが、チャレンジャーの選手よりたまたま弱ければ、新チャンピオンになれるんですよ、と。
チャンピオンがチャレンジャーより強ければ、当然、王座を奪うのは難しくなります。
生まれた年はもちろん、プロデビューや世界王座へと挑戦するタイミングによって、そのときのチャンピオンは変わってしまいます。
要は、巡り合わせがよかったんですね。
当時、私の応募原稿をおもしろいと思ってくださった方がたまたまいらっしゃったことに、たいへん感謝しております。
その節は本当にありがとうございました。
ぜんぜん参考にならない話で、すみません。
でも、なにか決め手があったんだと思うより、運がよかったんだと思う方が、より努力するきっかけになると思っています。
むしろ、失敗したときの原因を探る方が、何倍も大事だと思います。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
初めて見本誌をいただいたときの、身体の震え方は今でも忘れません。
尋常でないほど震えていました。
それくらい嬉しかったのです。
あとは、ここでお話しするようなオモシロエピソードは、特にないですね……。
あるにはあるのですが、ここでは書けないような話なので。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
ヤンキースのイチロー選手がおもしろいことをおっしゃっていました。
高校からオリックスに入団したときの会見で、バッティングについて聞かれたイチロー選手は、「楽しいです」と答えたそうです。
でも、今聞かれたら「楽しくない」と答えると。
昨年引退された元ヤクルトの宮本慎也選手も、プロ選手になってからは、一度も野球を楽しんだことがないそうです。
宮本選手は、19年間の現役生活。2014年現在、イチロー選手はまだまだ現役です。
私もたしかデビュー作のあとがきで、「書くことは楽しい」という内容を書いていたと思います。
今となっては、ちゃんちゃらおかしいですね。
好きなことを仕事にするというのは、そういうことだと思います。
ただ、今書いている原稿なんかでも、あるシーンを書いていると「たのしい」と感じることはあるんです。
そういう、瞬間的な、局地的な楽しさは、執筆以外でも結構あります。
あとは、納得のいく作品が描けないという、苦悩ばかりです。
でも、まだまだ試してみたい、挑戦してみたいことがあるので、辛くても楽しい苦悩かもしれません。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
デビュー前には、結構こだわりがありました。こうしなきゃいけない、こうした方がいい、というような。
でも、デビューした直後からは、そういうこだわりをひとつずつ捨てて行っています。
より多くの読者の皆様に作品をお届けすることや、読者の皆様の年齢層を考えると、いらないこだわりばかりだと気づいたからです。
今も、だめな考え方だと思ったら、こだわらずに捨ててしまいます。
そして、もっとシンプルに考えないといけないな、という風に変わっていっています。
まだそのシンプルさは試していませんので、これからの課題です。
私はどちらかというと、この質問の答え方みたいな、くどい言い回しが好きなんです。
また、よりよい作品を書くために、過去に書いた作品から学ぶ姿勢を大事にしています。
アスリートのメンタル訓練によれば、大会の順位や数字の目標を立てたり、ライバルを作って奮起するより、「自己の内側の成長」を目標にした方が成果が出やすいそうです。
順位や数字は、相手のパフォーマンス次第で、結果が変わってしまうからです。
数字の目標を立てる場合は、その上に、自己成長の目標を乗せるとよいとか。
たとえば、できなかったことができるようになったとか、そういうことです。
ただこれは、その人の性格にもよります。ライバルがいた方が燃える、という人もおりますし。
私の場合は、自分のことだけで精一杯で、人のことを気にする余裕がありません。
まず、自分のことをしっかりしなければ、と思っています。
それと、一作ごとに目的意識と課題と試したいことを決めて書き、終わったら反省と今後の課題を設定するようにしています。
私もまだ道半ばです。現状に満足している時ではありません。
一喜一憂している暇はないのです。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
好きだった電撃文庫様から、自分の本を出版していただけたこと。それ自体がよかったことです。
そして、誰もができるわけではない経験を、こうしてさせていただいていることに、感謝しています。
そう思えば、辛いことも乗り越えられます。
こんな経験ができるのは、ひと握りなのですから、そのことに感謝しないといけません。
いいこともわるいことも含めまして、この仕事を通じてなにかを経験するたびに、よかったなって思います。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
私はまだ、誰かにアドバイスできるような立場ではないので、これといって助言はありません。
ただ、デビュー前にやらずに後悔していることがたくさんあるので、そこから少しだけ書きたいと思います。
まず、より多くの作品を書くこと。
量より質なんていいますが、量をこなせば質がついてきます。
一万時間の法則というのは、有名な話ですよね。
技術を学ぶことも大事ですが、メンタルを整えるのも大事なこと。
どんな仕事をするにしても、精神面は重要です。
若い頃から自分と向き合い、執筆にのぞむ姿勢について、常に考えるよう心がけること。
デビュー当時の私は、あまりにも、あまりにも未熟でした。
ノムさんでおなじみの野村克也さんも、「人生論が確立されていないかぎりいい仕事はできない」とおっしゃっていますが、最近、それをとみに実感しております。
技術面だけでなく、精神面にも目を向けること。
人として成長すること。
投稿時代から、意識しておけばよかったと思ったことです。
まだまだまだまだありますが、文字数がオーバーしているのでこのあたりで。
どうぞ、反面教師になさってください。
そして、最後はこれです。
これだけはアドバイスかもしれません。
それは、ありきたりですが、絶対にあきらめないことです。
私の言葉では説得力がないと思いますので、有名な方々の言葉を集めてみました。
「成功を学ぶためには、まず失敗を学ばねばならない」――マイケル・ジョーダン
「あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ」――エイブラハム・リンカーン
「おまえの道を進め、人には勝手なことを言わせておけ」――ダンテ・アリギエーリ
以上です。
ここまでお付き合いくださり、どうもありがとうございました。