出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第30回 上遠野浩平

プロフィール

『ブギーポップは笑わない』にて第4回電撃ゲーム小説大賞〈大賞〉を受賞し、同作品でデビュー。2014年6月に刊行した『螺旋のエンペロイダーSpin2.』も好評。

螺旋のエンペロイダーspin2

私説――矛盾と肝心について

 小説を書き出そうと思うときに心の中にあるのはもちろん単なる表現欲求などという綺麗事ではなく、もっと生々しい金銭欲や名誉欲や社会承認欲求だったりするのは当然であるが、逆にそういう欲が足を引っ張って作品の完成度を落とす。具体的に言うと「過去のウケた作品」の模倣をすることが「認められること」と勘違いして、自分では自信満々である箇所ほど他人からは陳腐でオリジナリティに欠けると受け取られる。では他で見たことのないものを書けば、そもそも何がなんだかわからないと非難される。その線引きが難しいという言い方も正しくなくて、このふたつははっきり矛盾していて、そもそも小説に限らず、あらゆるフィクション作品というのはその矛盾を根本的に持っているという方が正しい。そもそも現実ではないことを、現実にありますよというような態度で表明すること自体が自己矛盾を抱えることになるので、仮に作家になれたとして矛盾は消えるどころか、むしろ拡大する。だからこれから小説を書こうという者は、自分の小説はどこかおかしいのではないか、という不安を持つのと同時に、自分の小説はここがおかしい、という明確な自覚も持っていた方がいい。不安と自覚を同時に抱え込むのは矛盾するが、その矛盾がフィクションの本質であるから、これは避けられない。そんなものがなくても作品を完成させられました、というのは単なるまぐれなので、まぐれを狙うだけでいいという人間は最初からこんな文章は読んでいないわけで、そもそも残念ながら現役作家のほとんどは確率を無視してまぐれを連発できる天才ばかりなので、我等凡才がその中で人の興味を惹く作品を作るためには自ら矛盾を抱え込むしかないと考える。天才にアドバイスは不要だが、凡俗には策が必要なのだ。具体例のひとつとして私のデビュー作「ブギーポップは笑わない」について触れると、当時の小説シーンに於いてはファンタジー系が全体的に煮詰まっていて、編集的には「そろそろ学園系でいいのがないかな」と探られている時期にちょうど出てきたので都合良く受け入れられたという幸運があったが、実にこれがまぐれであった。私の執筆意図は単に大勢の人間が同時にいて不自然でない舞台、ということにしかなく、学園物はむしろ「ちょっと時代遅れかも」ぐらいに思っていた。意図せずにまぐれを呼べたという点でそのときだけは天運があった訳である。私が弄した様々な策、たとえば下読みの人は冒頭だけで判断してしまうだろうから、最初の三十枚で既に大きなツカミとストーリー進行を済ませておくというようなことはあまり関係がなかったかも知れない。あと投稿作の選考過程をやたら気にする人がいるが、残念ながらほとんど意味はないと思われる。というのも私の投稿時代に発表は大抵雑誌メディア上で行われていたが、この広告〆切というのは発売の一月ほど前なのであり、それが発表になっているときはほぼ次の選考まで終わっていて、最終選考者には既に連絡が来ていたのだった。現在の経過発表がどのような形になっているかは未確認だが、おそらく大差ないと思われる。私は過去に数十回の投稿経験があるが、連絡が来たのは二回で、どちらも公表前であった。つまりチェックは不要どころか自分の名前が載っているかどうかという確認をわざわざしなければならないこと自体が、既に落選しているということなのであった。ちなみにそのうちの一回は最終選考で落ちたので、ガッカリ度は半端なかったことも付け加えておく。何も知らない者たちにとって、世間というのはいつでも肝心のことだけは決して誰も教えてくれないものだということは厳然たる事実である。私も十八歳から小説を書いてきて未だにその決定的なコツを掴めていないし、他人が書いている小説作法めいたものに核心が突かれたものを発見したこともない。だから仮にあなたの書いた小説が世界を揺るがす古今例のない大傑作であったとしても、それが他の誰にもわかってもらえず落選することは可能性としてとても高いのである。良いものを書いたのに否定されるという矛盾に耐えうる者だけが小説を書くという苦行にも、あえて立ち向かうことができるのではないだろうか。
 諸君らの健闘を祈る。

BGM "HERO" by Chad Kroeger