出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第31回 紅玉いづき

プロフィール

第13回電撃小説大賞<大賞>を『ミミズクと夜の王』で受賞、電撃文庫より同作でデビュー。メディアワークス文庫からは『ガーデン・ロスト』を刊行、根強いファンを持つ。
待望の最新刊『あやかし飴屋の神隠し』は7月25日発売予定!

あやかし飴屋の神隠し
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
小学校の終わり、です。小さなノートに、小さな話を……。双子の、話だったような気がします。お友達にあげてしまいました。手元に残っている一番古いものは、短編二本を書いた、大学ノート一冊。現代ファンタジーでした。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
少女小説の賞に、七年ほど……。その頃女子高生作家全盛期で、20歳になるまで作家になれなければあとがない、と思っていました。結局、20歳になってもなれなくて……。それでも、なんとか折り合いをつけようとしていました。作家にならなくても、一生書いていける生き方を探して。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
そんなでしたから、大学の終わり、投稿生活もこれで最後にしよう、と思っていました。最後にするんだから、一社だけではなくいろんな所に送ってみようと思って、一番最初に目に留まったのが、4月10日が〆切の、電撃小説大賞でした。電撃小説大賞に「ミミズク」を選んだのは、当時自分のサイトに全文を公開していたから。WEBに公開していた場合はURLを記載すること、とはっきり明文化してあったのは、電撃さんだけでしたから。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
友達のメールのヘッダーの、HNの苗字が「みみずく」だったので、みみずくって名前は可愛いなあと思いました。あとは、いろんな作品から。少女小説や、少女漫画が多いです。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
はじめて書いた、300枚の小説でした。だから、書き上げることをとにかく最優先に。誰かに見てもらうことでモチベーションを上げようと思って、パスワードをかけたサイトで連載して友達に見てもらって、絵を描いてもらったり、gifアニメで予告をつくったりしました。楽しかったです。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
いえ、それが……。どこに選考状況が載るのかわかっていなくて。数日後出る雑誌で確認しようと思っていたよりも先に、お電話をいただきました。結果は別に、待っていませんでした。それまで何年も落ち続けていましたから。次の投稿の用意をはじめていたし、実際他社に投稿していました。けれど、最初に頂いた電話で「どんな結果であれ、貴方は必ず作家にする」と言われ、生まれて初めて、横になって真っ暗にしても一睡も出来ない夜を過ごしました。あの夜のことは、今でもたまに、思い出します。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
なん……だったんでしょう?(笑)
これといった、決め手はなかったんじゃないかなって思います。ただ、何かのピースが、はまったんじゃないかなと。
身に余るような賞でしたから、落選の日々を顧みながら、自分が時代に追いついたんだろうか、それとも時代が自分に追いついたんだろうか、ということをぼんやり考えました。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
すごく不安で、楽しくて、充実していて、怖くもありました。
弾丸みたいにいろんな人にぶつかっていって、あらゆることを吸収して、何者かになりたかった。
それがいいことなのか悪い事なのかはともかくとして、何者かになってしまった今は、そういう情熱が失せてしまったけれど、だからこそ、当時の熱は何にも代えがたく貴重であったなと思います。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
小説を書くことはいつも大変だし、それを上回るくらい楽しいです。具体的に大変だったことは……。書き終わると、いつも忘れてしまうので……。
デビュー当時は、とにかく表記揺れと誤字脱字チェックが大変でした。が、それくらいはどなたかがなんとかして下さいます(いつもありがとうございます)。
楽しかったことは、色々ありますが、やっぱり小説を書いて、それが顔も知らない誰かに愛されることもある、ということです。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
愛情を、伝わるくらいしっかりと書くこと。それは小説への愛情であったり、物語への愛情であったり、キャラクターへの愛情であったりしますが、どれほどつたなくても、愛情は込めれば伝わると思います。そして、伝われば、誰かの心を震わすのです。いかなる時も、それだけは忘れないでいたいです。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
毎日書くことが普通であること。隣にいる誰かが書いていること。
それは、書く事を辞めなくてもいい、ということです。
アマチュアで長く書くことは、隣にいる誰かが筆を置いていく過程を見ることでもあります。それが、とても悲しかったし、自分にそんな日が来るんじゃないかと怖かった。
書く事が当たり前になるってことは、明日も明後日も書いてもいいという、未来の約束です。
それを思い知るたびに、作家になってよかった、と思います。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
非常に応募数が多い賞ですから、その数に身がすくむこともあるかと思います。けれど、その数に怯えることはなくて。ライバルのことを憎んだりする必要もなくて。
あなたは、世界でたったひとりのあなたです。
どうぞ、楽しんでください。つらいこともあるけれど、この世界は、愉快ですよ。