出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第32回 菱田愛日

プロフィール

1985年梅雨時、東京都生まれ。『空の彼方』で第16回電撃小説大賞〈選考委員アパレル賞〉を受賞し、デビュー。小説を執筆しつつ、現在も販売員として店頭に立つ兼業作家。

メンズフロアの王様
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
高校生の時に、遊びでちょっと書いたことはあったのですが、完成など目指してもいないものでした。真面目に書こうと思ったのは、受賞作が初めてです。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
第16回の電撃小説大賞に応募するのとほぼ同時に、違う物語を他の賞に送りました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
憧れが一番大きな理由だと思います。元々、電撃文庫の読者だったので、せっかく目指すなら、自分が読んでいるレーベルがいいな、と。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
小説を真面目に書くのは初めてだったので、まず『自分になにが書けるだろう』ということから考えました。そんな時、ふと思い浮かんだのが『薄暗い店の中に、綺麗な女の子が一人いる』という景色でした。そして、ずっと接客ばかりを仕事にしてきたのだから、なにかを売る話にしよう。そう決めて生まれたのが、『空の彼方』でした。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
まず、この話は『優しい気持ち』で書こうと決めました。そして、ファンタジーを書くのなら、広い世界が表現したいと思いました。でも世界の全てを一作で書ける気はとてもせず……。なので、あえて描写する世界は小さくして、小さな空間の向こう側にも世界は広がっているんだと思わせよう。そう考えた結果、物語のほぼ全てが小さな店の中だけで展開するスタイルになりました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
発表の日を指折り数えているくらい気にしていました。電撃小説大賞は一次を突破すると、編集さんからの評価シートが頂けるので、とにかくそれが欲しかったです。嬉しいことに受賞ができたので、評価シートは未だに貰えずじまいですが(笑)
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
なんでしょうね……。
経験したことや、感じていたけど言葉にできなかった感情を、とにかく全てぶつけたのが良かった……のかもしれません。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
私がデビューした頃は、Twitterが流行りだして少し経った頃で、デビューをきっかけに私も筆名で始めたのですが……。今まで憧れで、雲の上の存在だった電撃の作家さん達が、普通に話しかけてくれたんです。それが、なんだかすごく不思議な感覚で、よく覚えています。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
書いている小説が『面白くないんじゃないか』と感じてしまう時は辛いですね。小説を書くのがすごく好きなのに、続きを書きたくないと思ってしまう時もあります。でも、どうにか最後まで書いて、少し経ってから読み返すと面白かったりするんですよ。私、やるじゃん、と自画自賛です。 そして、悩みながらも書き上げた小説を『面白かった』と言ってもらえた時は、本当に嬉しいです。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
書くことを諦めないこと、です。
引っかかった部分を突破する方法は、絶対にあるんだって考え続けるようにしています。通勤中とか、ご飯を食べながらとか、お風呂の中とか、とにかく考えています。
そうしていると、ふと足りなかったピースが見つかるんです。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
やっぱり、『面白かった』とか『好きです』って言ってもらえた時です。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
ごく当たり前のことなのですが……。
『作家になる』という夢を叶えるために頑張れるのは、自分しかいません。そして、それはプロになっても同じです。プロの作家を続けるために頑張れるのは、自分だけです。努力を続けられるよう、小説を書くことを心から楽しんで下さい。
いつかお会いできる日を、私も努力を続けながら楽しみにしています。