出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第33回 蝉川タカマル

プロフィール

『青春ラリアット!!』で第17回電撃小説大賞〈金賞〉を受賞し、本作で電撃文庫からデビュー。新シリーズ『佳麗なるソードマスターと最強なる不肖の弟子』が9月10日に発売!

佳麗なるソードマスターと最強なる不肖の弟子
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
ゲームシナリオっぽいものは二十歳から書いていましたが、きちんと小説として書き始めたのは二十五歳からだと思います。他の方と比べるとちょっと遅めかもしれません。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
書き始めてすぐに新設されたばかりの賞に投稿して一次選考にも残りませんでした。それからしばらく「小説なんて二度と書かない!」といじけていましたが、それから数年後にオンラインゲーム漬けの生活に危機を感じて電撃小説大賞に応募したのを含めて二回です。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
今はどうか分かりませんが、初めて投稿した賞のところは選評シートがありませんでした。そのため、『自分の小説がどういう風にダメだったから落ちたのか』がずっと気になっていまして。だから実は選評シート欲しさに応募したという理由が一番。あとは応募総数なども含めて最難関と言われている賞だから。『どうせ負けるなら最強の相手に負けたい』と思ったからです。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
自分が高校生だった頃、充分楽しいと言える時間を過ごしたのですが、それでも『こうすればもっと面白かったんじゃないか?』『こんなことが起きたらよかったのに』という願望を詰め込んでいくうちにできあがりました。ちなみに主人公の一人であるプロレスマニアのモデルは高校の同級生です。さすがに『バカの日本代表』ではありませんでしたが。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
初めての小説は『ちょっと血筋や家柄に秘密がある高校生が裏世界の異能力者たちと戦う』という何万番煎じか分からないものだったのですが、落選後にそれを読んだ友達が「話自体はつまらん。でも時々挟むコメディ部分は会話のテンポがよくて面白かった」と言ってくれたのです。だから誉められた部分を伸ばそうと思い、二作目でデビュー作でもある『青春ラリアット!!』ではテンポがよくて笑える会話を目指しました。この時に始めた、実際に台詞を音読して生きた言葉になっているかという確認は今でもしています。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
一次、二次選考の結果が載っている電撃文庫MAGAZINEを友達に渡し、「自分で見る勇気がないから調べてくれ!」と懇願しました。臆病にもほどがありますね。最終選考の辺りになると「とりあえず何かしらの賞に引っかかってくれ……!」と、暇さえあれば天に祈りを捧げていました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
運とタイミングが決め手の大部分を担っているのは疑いようがないのですが、その他の要因を挙げるとするとやはり友達が見出してくれたテンポのいい会話でしょうか。僕は指摘されるまで得意だと思っていませんでしたので、むしろ『決め手は友達』と言うべきかもしれません。そして最終選考の中で数少ない不思議要素ゼロな作品だったことも、いい意味で目立ったのではないかと思います。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
小説を書く経験が不足していたので、二作目を書き始めた直後からヒーヒー言っていました。限られた時間の中でクオリティーを保ったまま続きを書くのがこれほど辛いとは。あとは担当さんの口にする小説用語の意味が分からず、終始首を傾げていたのを覚えています。「この漢字『開き』ましょう」「え? そんなことしたら原稿が破けますけど?」といった感じでした。
※漢字を開く=平仮名にする
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
気が向いた時にしか書いたことのなかった小説を、決められた期間で書き上げるということが何より大変でした。自分で書いているはずなのにキャラクターが勝手に動き出し、僕の想定していた結末を覆した時は驚きつつも楽しかったですね。「こいつ成長したなぁ」と父親目線になれたりして。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
爽やかな読後感を大事にしているつもりです。スッキリした気持ちで本を閉じて欲しいので。それからテンポのいい会話を作るために、テレビ、ラジオ、友達を問わず面白い話のできる方と多く接するようにしています。彼らは何てことのない失敗談でもしっかりオチのあるエピソードとして仕上げてきますので、非常に参考になります。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
書店に自分の本が並んでいるのを見た時、本を読んだ方から「面白かった」と言っていただけた時、この二つは何度味わっても最高です。あとはニート時代とほとんど変わらない生活をしているのにお金がもらえることでしょうか。そう考えると作家になる準備は以前から整っていたのかもしれません。――嘘です。ただ自分の人生を真面目に考えていなかっただけです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
小説を書くことが上手であればそれに越したことはありませんが、たとえ下手でも『面白い!』と思える部分があれば拾い上げてくれるはずです。そうでなければ僕はここにいません。『これだけは誰にも負けない』という武器を見つけ出し、どうかあなたの夢を叶えてください。お会いできる日を楽しみにしています。