出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第34回 御堂彰彦

プロフィール

応募作『王道楽土』で第7回電撃ゲーム小説大賞〈選考委員奨励賞〉を受賞し、電撃文庫『ヒトクイ』にてデビュー。その後、電撃文庫『“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店』シリーズ、『カミオロシ』シリーズなどを執筆。メディアワークス文庫の最新刊『送り屋2 ─死者を送る優しく不器用な人たち─』が現在好評発売中!

送り屋2
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
中学生の頃ですね。小学生の頃に魔神英雄伝ワタルというアニメが好きで、広井王子先生の書かれたワタルの小説があることを中学生になって知りました。それをきっかけにライトノベルに没頭して、自分でも書いてみたいと思うようになりました。ちなみに初めて書いた小説は、ワタルの影響受けまくりの異世界ロボットものです。小説とはとても呼べるような代物ではありませんが。その後、賞への応募を意識して書き始めたのは部活を引退した高校生の終わりから大学浪人時代です。ろくに勉強もせずに書きまくっていましたね。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
三回目の応募で、第七回電撃ゲーム小説大賞の選考委員奨励賞を受賞しました。一回目は確か第三回電撃ゲーム小説大賞だったと思いますが一次審査も通らず、その後の二回目の応募は一次審査を通過できましたが、そこ止まりでした。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
選考委員にライトノベルを読むきっかけとなった広井先生がいらっしゃったことが一番の理由です。一人で勝手に運命的なものを感じていました。もう一つは半年で結果が出るというのが理由です。受賞作に関しては、大学四年生のときに書いたものだったので、これがダメだったら、執筆活動は一区切りして、サラリーマン一本に絞ろうとしていたので、結果は早いほうがいいな、と。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
受賞作は和風のチャンバラ活劇でした。その当時はアクションものを書くのにはまっていたのと、和装の格好良さに惹かれていたので、舞台や映画等、アクションやチャンバラものを多く見ていました。そういうものがきっかけだったかと思います。一方で同系統の小説や時代小説はその辺に影響を受けすぎないよう、当時はあえて避けていました。今となってはそういう小説ももっと読み込んで色々勉強しておけば、受賞作もより良いものに仕上がったのかなと思ったりもしています。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
受賞作はアクションものだったので、キャラクターの格好よさと戦闘シーンのディティールにこだわっていました。読者の方が文章を追いかけながらも、頭の中にそれらのシーンが映像のように浮かんで、手に汗を握ってもらえるように、と工夫しました。自分で体を動かして、どう文章にするか苦労していたと思います。逆にそこにばかり目をやって、設定やキャラクターの深堀が足らなかったなと反省しています。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
発売された各雑誌をチェックしていました。二次選考を通過できたときは前回を超えられたと一定の満足感がありましたが、三次選考通過あたりから受賞まで辿り着けるのではないかと欲が強くなりました。途中経過が出ていない雑誌を勇み足で買ったりした覚えがあります。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
結局受賞作ではデビューできなかったので、こればかりは今でもよくわかりません。選考委員の方の評価も真っ二つに分かれていたので、強いて言えば、受賞作を気に入っていただけた選考委員の方がいらっしゃったことでしょうか。それがなければ今の自分はいないと思うので、本当に感謝しています。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
受賞作は設定を変えたり、登場人物を変えたりと、数えきれないほど書き直して試行錯誤したのですが、結局出版には至りませんでした。その後、実現はしませんでしたが某アニメのノベライズの話をいただいたり、受賞作とはまったく別の話を書く機会を与えていただいたりし、最終的に『ヒトクイ』という作品で『電撃hp』でのデビューとなりました。ですので、デビューが決まったときは嬉しいというより、本当に「やっと」という思いが強かったです。しかし、編集部はよくこんな自分を見捨てずに、辛抱強くチャンスを与え続けてくれたなと思います。本当に電撃に応募してよかったと思っています。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
大変といえば、会社員との兼業なのでいかに時間を作るかは苦心しています。会社帰りに24時間営業の喫茶店やファミレスで書いたり、時には会社近くのホテルを取って移動時間を削ったりしています。楽しいといえば、書き進めているうちにプロット段階のアイデアを超えるものが浮かんで、それが見事にはまったときは気分がいいです。付喪堂骨董店は色々と最初から計算して書いていたのですが、一方で書き進めながら新しい話やネタが思い浮かんで、楽しんで書くことができました。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
独りよがりにならないことです。受賞作が出版できなかったのは自分が好きなものをただ詰め込んだだけだったのが原因と思っているので、その反省から、ただ書きたいものを書きたいように書くのではなく、読者の方が読みたいものや編集部が求めているものに、自分の書きたいものをうまく上乗せというか融合していくイメージで書くようにしています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
当たり前のことですが、読者の方から面白かったと評価してもらえたときですね。出版した日からしばらくはネットをうろうろして読者の方の感想を探しています。 最初は書くだけで満足でした。それを本という形にして皆に読んでもらいたいと思うようになり、そして面白いと評価してもらいたいと思うようになり、欲は尽きません。書くからには、そして読んでもらうからには、読者の方の中に何かを残したいと思います。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
一冊の本を書き切るというのは本当に大変な作業です。途中で投げ出したくなるときや迷って立ち止まってしまうこともあると思いますが、諦めずに続けることが大事だと思います。私の場合、受賞者の中では少し特異なデビューの部類に入るので、参考になるかはわかりませんが、こういうデビューの仕方もあるのだと参考になればと思います。 また私は兼業なのですが、同じように学生や会社員をしながら小説を書くことを並行している方もいると思います。当時は自分もなかなか書く時間がないと思っていましたが今思えば、そしてやり方次第では時間って結構いくらでもあるものです。ぜひ挫けずにがんばってください。