出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第35回 仲町六絵
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第36回 浅葉なつ

プロフィール

四国生まれ関西在住。第17回電撃小説大賞で〈メディアワークス文庫賞〉を受賞し『空をサカナが泳ぐ頃』でデビュー。趣味は神社巡り。現在、メディアワークス文庫の最新刊『神様の御用人3』が好評発売中!

神様の御用人3
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
小学校五年生くらいからです。なぜか「もじのけいこ」というテキストに付いていたしおりのような紙に書いたのが始まりです。ガチファンタジーでした。でも中学、高校と部活が忙しかったこともあって書いてない時期もあります。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
学生時代からいろいろな賞に送っていましたが、文章を短くまとめるのが苦手だったので、修行のために隔月発売の雑誌の短編に毎回応募するのを一年間続け、並行してエンタメ系の賞に応募していました。そのうちのひとつが電撃小説大賞でした。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
十代~二十代前半までは、自分が書いているのは一般文芸だと思っていたのですが、書き続けるうちにジャンルがわからなくなり(笑)、そんなときメディアワークス文庫賞が創設され、なおかつ応募作品が「ジャンルを問わない」とあったため応募を決めました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
もともとスキューバダイビングをしていたことが基になっているとは思うのですが、会社で普通に仕事をしていたある日、突然頭に降ってきました。その後はあっというまにストーリーができたので、自分でも何がきっかけだったのかよくわかりません。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
海に潜ったことがない人でもちゃんと想像できるよう、主人公が見ている景色の描写には気を付けました。あとはとにかく、この作品を読んだ人に何を伝えたいかというところに重きを置き、ただそれが説教臭くならないよう、コミカルに描くことを心がけました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
当時はすでに別作品に取りかかっていたので、結果はあまりチェックしていませんでした。やきもきしてるより次を書くべきだなと思っていた……と言うと格好いいですが、三年の間に結果が出なければあきらめると決めていたので、時間がなかったんです(笑)。三次選考が出たくらいでようやく思い出して公式サイトを見ました。実は二作品応募していたのですが、受賞作とは別の作品は二次選考あたりで姿を消していました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
それがわかれば、私もう少し早くデビューし(以下略
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
嬉しくもあり、同時に自分がやっていけるのかどうか不安でもありました。今までは「趣味」でしたが、これからはお金をもらう「仕事」になるんだという責任を、初めての打ち合わせからの帰りに一人で噛みしめて歩きました。自分は個人事業主となり、出版社という取引先と仕事をするというプレッシャーがすごかったですが、今思えばそこまで自分を追い込む必要もなかったような気もします。なんかいろいろテンパってたんでしょうね。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
大変だったことは、とにかく調べものです。ネットの検索はもちろん、資料を読んだり、電話をかけたり、直接行ってみたり……。特に二作目の「山がわたしを呼んでいる!」を書いていた時は、山小屋の生活や遭対協のことについてわからないことだらけで、かなり時間がかかりました。そしてそれらがいい感じにまとまって物語の中に組み込むことができたときは、今までにない達成感を味わいました。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
常に興味のアンテナを張っておくことです。道を歩いていてもテレビを見ていても、疑問に思ったことや不思議に思ったことがあればすぐに調べます。そしてそこからまた別の興味を引かれるものを見つけて、それが小説のネタになったりもします。そういった引き出しを常に準備しておくことでしょうか。あとは、自分が実際に体験したり、モデルにする現場に行くことですね。実際にやってみたり、行ってみたりしないとわからないことや、そこでの新たな発見もあるので。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
小説を書けること、それが「仕事」だと言えることです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
電撃文庫・メディアワークス文庫編集部は、「流行を作る」最先端のところです。すでに流行っているものを追っているだけの作品に、賞を与えることはないと思ってください。その代わりに、「これは面白そうだ!」と思う作品には、構成が荒削りだろうと三点リーダーの使い方が間違っていようと、惜しみなく手を差し伸べてくれます。様々な噂に流されず、自分の個性を作品にぶつけて、とにかく最後まで書き上げることが大事です!