出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第37回 行田尚希

プロフィール

栃木県出身在住。2月1日生まれ。水瓶座。A型。メディアワークス文庫『路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店』で第19回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞後、2013年に同書でデビュー。メディアワークス文庫の最新刊『海の上の博物館』が、2015年1月24日に発売!

神様の御用人3
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
大学生になってからです。周りに小説を書いていたり、また小説家を目指していた友人が多かったので、影響されたんだと思います。初めて長編小説を書きあげたのは大学2年生のとき、原稿用紙三百枚程度のものを約一年かけて書き上げました。それからずっと書き続けてます。今思うと、友人たちに引っ張ってもらって、ここまで来たんだなあと思います。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
最初はずっと少女小説の新人賞に投稿していました。 電撃小説大賞への投稿は二回目でした。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
原稿を読んでもらっていた方に「少女小説っぽくない」としばしば言われていたので、じゃあ違う賞にも出してみようと思ったのと、それから評価シート目当てでした。初めて投稿したときに運よく一次選考を通過し、評価シートを貰えたので、また貰えないかなと調子に乗って再度応募しました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
受賞作には、表具師という掛け軸などを作る職人が出てくるのですが、仕事で掛け軸を扱う機会がありまして、そのときにこれを題材に小説を書けないかなと考えたのがきっかけです。調べていくと、掛け軸を作るにはいろんな技術や工程があることを知って、これを絡めていけば物語になるぞ、と思いました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
表具師の仕事については、面白い反面、専門用語だらけで、私自身イメージしにくい部分が多く、それをどう分かりやすく小説に組み込むか、という点には悩みました。地の文で長々と説明するときっととっつきにくくなる、私が読者なら読む気をなくす可能性がある、と思い、高校生である主人公の一人称で、全て彼の視点で書くことにしました。一人称で書くのは初めてだったので、面白さも感じたのですが、回想シーンの表現方法に制限がある(全部主人公視点なので、他の登場人物の回想は会話文でしか表現できない)など難しさも感じました。 あとは、比較的登場人物が多い話だったので、一人ひとり区別がつくようにキャラを立たせるようにはしました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
選考の過程はチェックしていませんでした。自信がなさ過ぎて、見る勇気がなくて……。一次選考を通過すれば選評が送られてくるはず! でも来ない! じゃあ落ちたんだ。と思って、次の作品に取り掛かろうとしてました。なので電話が来たときには何事かと、とても混乱しました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
何でしょうね。正直、今でもよく分かりません。表具という題材が物珍しかったんでしょうか。あとは運が良かったんだとしか……。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
小説を書いていたことは大学時代の友人と母親ぐらいしか知らなかったので、まずそれをどうやって打ち明けるかで悩みました。なんだか気恥ずかしくて。家族に話すと親戚に広まり、近所の人に広まり……会ったことない方からお花(胡蝶蘭)が届きました。 あと、友達がお祝いの会を開いてくれまして、そのときはとても嬉しかったです。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
大変だったのは、限られた時間の中で作品を仕上げなければならなかったことです。それまではのんびりと半年から一年近くかけて書いていたので。特に二作目のプロットを作っていたときは、他の仕事のほうも忙しかった時期なので、うまく時間が作れるようになるまでが大変でした。 小説を書くときには、私の場合「絶対にこれは書きたい!」という場面が必ずあるのですが、それが思っていた通りに書けたときが楽しいです。同時に文章力のなさに絶望することもあるのですが……。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
やはりお金を出して買ってもらう「商品」なので、そのレベルに達するような作品にしなければ、ということはいつも心がけています。あとは楽しく、分かりやすい、テンポの良い文章にしようと、自分に言い聞かせています。小説は作者のものだけではなく、読者のものでもあると思うので。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
「面白かった」という感想を頂いたときです。あとはイラストを付けていただけたときですね。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
執筆はとても孤独な作業で、心が折れそうになるときもあると思います。果たして、自分が書いている小説は、面白いのだろうか、と悩むこともあるかもしれません。でも、自分が思う、面白さや、楽しさや、切なさを詰め込むしかないのだと思います。構想が頭の中にあるだけなのはもったいないです。最後まであきらめずに頑張ってください!