出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第38回 天沢夏月

プロフィール

1990年生まれ、神奈川県在住。『サマー・ランサー』にて第19回電撃小説大賞〈選考委員奨励賞〉を受賞し、メディアワークス文庫にて同著書でデビュー。瑞々しい感性で描かれる青春小説に定評がある気鋭の作家。メディアワークス文庫の最新刊『思春期テレパス』が現在、好評発売中! 他著書に『吹き溜まりのノイジーボーイズ』(メディアワークス文庫)、『なぎなた男子!!』(メディアワークス文庫)がある。

思春期テレパス
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
小学生の頃にはすでに書いていたように思います。大学ノートにHBの黒鉛筆で拙い文章を書きこんでいました。内容はドラクエ紛いのファンタジーっぽいお話だった気がします。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
どこに投稿したかまではよく覚えていないのですが、とりあえず受賞したのは七作目でした。時間にすると投稿を始めてから二年半くらいです。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
理由としては、メディアワークス文庫の存在が大きかったです。ここなら自分でも受け入れてもらえそう!と思いました。きっかけはよく覚えていないのですが、巻末広告かなにかで募集の告知を見たような記憶があるようなないような……です。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
とりあえず運動系部活の話を書こうとは決めていて、なにか和風のものがいいなと思ったのがきっかけだったようには思います。あとはオリジナリティを考えて、他の人が手をつけてないモチーフを探して、結果『サマー・ランサー』のアイディアにたどり着いた感じです。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
とりあえずなんか爽やかな話にしよう、と思って不快な要素や無駄は極力省くようにしていた記憶があります。架空の競技を作ってしまったので、その動きのイメージや時代背景等を考えるのは少し苦労しました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
もともと待つのは苦手なので、思い出すのも嫌ですね……。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
読んだ人にどう感じてほしいのかだけははっきりイメージできていたので(そのためにすごく高度な技術を弄したとかではないのですけど)その辺がちゃんと伝わったのかな、と思っています。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
新しいノートパソコンを買いました。ちょっと奮発して……良いやつを。今も使っています。起動の早い良い子です。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
書いているとき、いつも「これでもう一回受賞できるかどうか」っていうのを少し考えるんですが、だいたい「無理だな」って思ってしまいます。それくらい、デビュー作っていうのはやっぱり特別だったので……そういう意味では、デビュー作を越えられていない感覚が常にあるのでちょっと苦しいですね。でもそういうとき読者の方から「よかったよ」って感想いただけると、それはそれでなんだか一つの賞をいただいたような喜びがあります。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
好きな小説の一節に「常に自己ベスト更新」というような言葉があって、それはけっこう意識しています。なにをもってベストが更新されたとするかは正直難しいんですが……それでも、冊数を重ねるごとになにかが上手になっていかないとダメだろうと思うので。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
最近言われて一番うれしい言葉は、「全部読んでます」ですね。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
“It always seems impossible until it’s done.”有名なネルソン・マンデラの言葉ですが、この通りだと思います。受賞した作家さんが口をそろえて言うのが「受賞できるとは思わなかった」なので……不可能と思っても当たったら儲けモンくらいの気持ちでぜひチャレンジしてみてください。