出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第39回 天羽伊吹清

プロフィール

愛知県在住。『シースルー!?』にて第17回電撃小説大賞〈電撃文庫MAGAZINE賞〉を受賞し、電撃文庫にて同著書でデビュー。他著書に『シースルー!?②』(電撃文庫)、『我が家のダンジョン』(電撃文庫)がある。『我が家のダンジョン』の第2巻である『学校のダンジョン 続・我が家のダンジョン』が2015年3月10日に発売。

我が家のダンジョン
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
ノートに鉛筆で思ったままの物語を書き連ねたものを小説と呼ぶのなら、それは中学時代でしょう。
きっかけとなったのは、水野良大先生の名作、『ロードス島戦記』を読んだことです。
シリーズ全巻を読み終えた直後、言葉にし切れない達成感と感動が身を包み、「自分も誰かにこんな感情を抱かせる小説を書きたい!」という衝動に駆られ、筆を持ちました。
良い本は人生を変えるという典型ですね。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
小説を書き始めたのは中学時代ですが……実際にそれを投稿したのは、そこからかなりの時間を経過した第16回電撃小説大賞が初めてでした。
……その時は一次選考すら抜けられず……。
その後、他の小説大賞にも応募しながら、けれど結果を出せずに、一年。
再び挑戦した第17回電撃小説大賞で《電撃文庫MAGAZINE賞》を頂いたという形です。
……なので、案外投稿歴自体は短いですね。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
今も筆が遅い自分ですが……当時は今以上に筆が遅く、長編小説を書き切るには一年では到底時間が足りませんでした。
その為、「まずはとにかく短編で」と短編小説ばかり書いていたのですが……あの頃の小説大賞はほとんどのところが長編オンリーで、短編でも受け付けてくれるところが非常に限られていたのです。
その限られた一つが電撃小説大賞であり、当時の自分がそこに応募しようと思ったのは必然でした。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
……着想というか、何というか……。
シリアスな話を書こうとして、途中で煮詰まって、半分キレた精神状態で降りてきたのが受賞作『シースルー!?』です。
……エロ満載のラブコメディでした。
そのまま、それまで書いていた話を放り出し、一気に書き上げた当時の自分は……まあ、本当に……色々疲れていたんでしょうね……。
とはいえ、それで賞を頂いたのですから、普段書いているものとは真逆の作品を敢えて書いてみるというのも一つの手段だと、この作品に教えてもらいました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
とにかく、エロく。ひたすら、エロく。恥も外聞もなく、エロく――それを心掛けていました。
……いや、ドン引かないで下さい。
真面目な話を申しますと、その作品で何を売りにするかということを決めたなら、それは絶対揺るがせてはならないと、そう心掛けていただけです。
それが『シースルー!?』の場合、たまたま『エロ』だっただけで。
……そして、逆に自分のエロシチュエーションに関する引き出しの少なさを自覚もし、そこに苦労もしましたね……。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
チェックはしていました。……ただ、各選考段階の発表は、当然のことながら実際の選考の進行よりも遅いわけで。
一次選考突破を見てガッツポーズし、二次選考突破を信じられない気持ちで確認して――その後、ほとんど間を置かず編集部から「最終選考に残りました」とお電話を頂いた時は、「は?」と思考停止状態に陥りました。
以降、《電撃文庫MAGAZINE賞》受賞のご連絡を頂くまで……何かロボットみたいになっていましたね……。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
――手書き原稿での応募だったこと、が大きいと思います。
当時、パソコンを持っていなかった自分の場合、ノートに下書きした話を原稿用紙に清書して応募原稿とする……ということをやっていたのですが、やはりその『原稿用紙への清書』が良い推敲になったのだろうなと。
パソコンで小説を書くのが当たり前になったこのご時世、手書きの原稿を一切書いたことが無い方もきっと多いと思いますが……そういう風に推敲の勉強になりますので、一度は手書きをやっておいて損はないだろうと自分は確信します。
……ただし、腕への負担が大きいので腱鞘炎にならない範囲で。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
とにかく、初めて尽くしで目が回るようだったことを記憶しています。
プロとして小説を作っていくという作業が想像以上に大変であることも、身をもって知りました。
ただ、同時に凄まじい快感であることも。
自分のデビュー作は電撃文庫MAGAZINE掲載という形で発表されたのですが、それを実際に店頭に並んでいる電撃文庫MAGAZINEで確認した時の嬉しさは、筆舌に尽くし難かったです。
そして、自分は結構大食いなのですが、そのことを編集や同期の皆さんに驚かれたこと……。
……それまで自分がそんなに大食いとは自覚していなかったんですよ……。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
自分が書きたい、書くのが楽しみと思うシーンを定期的に設けることでしょうか。
そのシーンを書いている時は楽しくて筆が進むというのは元より、そこに到るまでの物語を書いている間も、『そのシーンを書く為に頑張る』という形で、モチベーションを維持出来ます。
とはいえ、自分が楽しいだけで完結してしまわず、『読者に楽しんでもらう』という大前提も忘れてはいけません。
「このシーンを読んだ時、読者はどんな顔をするだろう?」、「どんな風に感じてくれるだろう?」……それを想像するのも小説を書く上で大事なことだと思います。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
文庫、MAGAZINEでの連載等、自分の考えた物語が形となっているのを見た時ですね。
最初は自分の頭の中にしかなかったキャラクターが、彼らの物語が、他の人たちに触れてもらえる場所に具現化している……その事実を確認する度に、作家になって本当に良かったと心から思えます。
そして、自分の作品に触れてくれている方を実際に見たら、もう転げ回りたいくらいの喜びを感じます。
最高ですね。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
ぶっちゃけて言いましょう――
実は自分の受賞作、『シースルー!?』は、ほぼ同じ内容で別の小説大賞に投稿したことがあり……その時は一次選考すら突破出来ずに落選しました。
内容がほとんど変わっていないにもかかわらず、電撃小説大賞の方では《電撃文庫MAGAZINE賞》を頂けたことに、当時は正直「?」を浮かべていたのです。
そんなこともあるのですから――
他の小説大賞で落ちたとか、誰かにつまらないと言われたとか、そんなことにはこだわり過ぎないで下さい。
応募しても賞を頂けるかは解りませんが、応募しなければ賞を頂ける確率は0です。
0でなければ、懸けるには充分です。
皆様が後輩として現れてくれる日を、待っていますよ。