出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第40回 木崎ちあき

プロフィール

8月27日生まれ。福岡県出身。右投右打。趣味はプロ野球観戦と海外ドラマ鑑賞。『博多豚骨ラーメンズ』で第20回電撃小説大賞<大賞>を受賞し、メディアワークス文庫より同書で2014年にデビュー。他著書に『博多豚骨ラーメンズ2』(メディアワークス文庫)がある。最新刊『博多豚骨ラーメンズ3』(メディアワークス文庫)が好評発売中!

我が家のダンジョン
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
高校一年生のときです。当時は自分のパソコンを持っていなかったので、すべて原稿用紙に手書きで書いていました。
中学時代の国語の先生に作文を褒められたおかげで、文章を書くのが好きになり、そのうち小説を書こうと思うようになったような気がします。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
いろいろなジャンルの賞に応募しました。2か月に1回はどこかの賞に送っていましたが、落選ばかりでもう本当につらかったです。
フリーターとニートの間を行ったり来たりしながら部屋に引きこもって投稿作を書き上げていたので、親の目が痛くて堪りませんでした。仕事に行くと嘘を吐いて公園で暇を潰したり、図書館で原稿を書いたりしながら、投稿活動を続けていました。コンプレックスの塊だったので、その間は友人と会うこともなく、孤独との戦いでした。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
元々メディアワークス文庫が好きだったことと、どんなジャンルでもOKというイメージだったので純粋に作品の面白さで評価してもらえると思い、応募いたしました。「今の自分は何次選考までいけるのかな」という力試し半分、「受賞したら、賞金は何に使おうかな~」という宝くじ感覚が半分、という感じです。メディアワークス文庫賞狙いで19回にも応募しましたが、結果はイマイチでした。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
地元が大好きなので、「福岡を舞台にした、博多弁を喋るキャラが活躍する話を書こう! 」というのが始まりです。なにかもうひとつ要素が欲しいな……とぼんやり考えていたところ、実家のリビングで父が「今度、会社の野球大会があるから」と素振りをしていたのを見て、「これだ!」と思い、野球ネタを盛り込んだ受賞作が出来上がりました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
特に台詞に力を入れました。掛け合いをテンポよく、博多弁をよりネイティブに。キャラクターの年代によって「訛り度」を変えたり、字面が自然に見えるようにしたりして、生きた方言を描こうと。博多弁から滲み出る優しい雰囲気をどうにか表現したくて、博多華丸大吉さんのトークを参考にしていました。 あとは、冒頭にインパクトのある台詞をもってきて、印象深いシーンになるよう工夫しました。膨大な数の応募作の中から選んでいただくためには、掴みも大事かな、と思いまして。 苦労したことは、登場人物の配置です。数が多いので動かすのが大変でした。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
それが、チェックしていなかったんです! というのも、実は同じような長編の群像劇を二作応募していたのですが、そのうちの一作が一次選考で落ちちゃいまして……。「あ、こりゃ、もう一作もダメやろうな。二次くらいで落ちるかな」と諦めていたので、サイトを確認するのをやめていました。最終選考に残ったことを知ったときは、もう「なんで!?」という感じで。片方は一次落ちで、もう片方は大賞ですから、本当にびっくりです。こんな極端なこともあるのか! と。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
こればかりは今でもわからないのですが、インパクトが強かったのかな? とは思います。タイトルが出落ちみたいなものですし……。あとは巡り合わせというか、運というか……。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
家族が優しく接してくれるようになりました! それまで母は腫物に触れるような憐れみの目で、父は寄生虫を見るような冷たい目で私を眺めていましたが(実際、パラサイトシングル生活をしていた私が悪いのですが)、デビューが決まった途端に「自慢の娘」扱いになりました。おかげさまで、殺伐としていた食卓に笑顔が戻り、家族が仲良く暮らせるようになりました! 本当にありがとうございます!
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
実際に商品になるわけなので、「これでいいのだろうか」とひたすら悩みながら書いていました。今でもそうです。デビュー後は楽しいと思えることが減ったような気がします。当初は、プロ野球で例えるならば「ドラフト1位指名を受けて開幕1軍スタメン」の気分で、とにかく結果を残さなくては! と常にいろんなプレッシャーに震えていました。チキン野郎なので今でも事あるごとに震えていて、担当さんにはしょっちゅう「大丈夫だよ」というお言葉を言わせてしまっていますが、以前に比べるとだいぶプレッシャーにも慣れてきたように感じます。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
ピッチャーの投球のごとく、文章と展開はとにかくテンポよく、たまに緩急をつける、ということを心がけています。サインにはすぐに頷き、牽制球は投げず、さくさくポンポンとキャッチャーミットに投げ込んでいく感じです。まだまだ球種は少ないですが、小気味いい投げっぷりを目指しています。 それから、大事にできているかはわかりませんが、常々自分に課しているのは「キャラクターをとにかくチャーミングに描く」ということです。カッコイイばかりが魅力ではないと思うので、ちょっとダサいところやダメなところもひっくるめて愛してもらえるように描きたいと思っております。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
見本誌をいただいた瞬間は、ひとつの山を登り切ったような達成感があって大好きです。また、素敵なイラストを描いてもらったときにも幸せを感じます。
それからやっぱり、読者の方にお褒めの言葉をいただくと嬉しいです。優しくしてもらえると頑張れるタイプなので。「面白かった!」というお声ももちろん励みになりますが、「〇○が好き!」というようにキャラクターについての感想をいただき、自分が書いた作品の中からお気に入りの子を見つけてもらえたときは、作家になってよかったと心から思います。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
私もまだプロ入り2年目のルーキーなので、アドバイスできることといえば精神論になっちゃいますが、どんなに家族が冷たくても(笑)、誰も応援してくれなくても、自分だけは自分の味方でいてあげてください。
一番の敵は、諦めようとする自分自身だと思います。
――人生は思った通りだ。「思った通りになるわけない!」と思い込んでいる人がいるが、その人も、そう思ったからには、思った通りだ――
『人生のプロジェクト』というビジネス書に載っていた言葉です。私も諦めそうになったときは、いつもこの言葉を言い聞かせて、自分を騙すようにして頑張ってきました。
どうか諦めないでください。
なにがあるかわかりませんよ! 一次落ちの人間が大賞を獲ってるんですから!