出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第41回 岬鷺宮

プロフィール

『失恋探偵ももせ』で第19回電撃小説大賞<電撃文庫MAGAZINE賞>を受賞し、電撃文庫より同書で2013年にデビュー。他著書に『失恋探偵ももせ②、③』(電撃文庫)『大正空想魔術夜話 墜落乙女ジヱノサヰド』(電撃文庫)、『失恋探偵の調査ノート 放課後の探偵と迷える見習い助手』がある。最新作『放送中です! にしおぎ街角ラジオ』(メディアワークス文庫)が5月23日に発売!

我が家のダンジョン
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
しっかりした作品を一本仕上げたのは、第19回電撃小説大賞に応募する二年くらい前の事だったと思います。それ以前は、大学の授業でちょこちょこ掌編を書いたくらいで、あまり自発的に物語を書くようなタイプではありませんでしたね。
……いやごめんなさい嘘です!!! 本当は小学生くらいからノートにイタい自作の冒険小説とか書きまくってました!!!
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
今投稿歴を記録したファイルを確認しましたが……デビュー作の「失恋探偵ももせ」で8作目の応募だったみたいですね。
それ以前の7作は、半分が一次落ち、それ以外が二次、三次落ち、という結果でした。
当時、なかなか審査を突破できなかったので「こうなったら『デビューまでにもっとも新人賞に落ちた作家』になってやる!」と開き直っていたのを覚えています。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
そもそも、ライトノベルを書こうと思ったきっかけが電撃文庫の大先輩、竹宮ゆゆこ先生の「とらドラ!」を読み感動したことだったので、最初から電撃小説大賞は投稿する先の一つとして考えていました。
あともう一つ、第17回で受賞された広沢サカキ先生の「アイドライジング!」を読み「なんか、この作品からは自分と同じ匂いを感じる! てことは、電撃大賞は自分の作品も評価されやすいのかも!」などと思い込んだ事も大きかったように思います。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
山下達郎さん作曲、松本隆さん作詞の「Kissからはじまるミステリー」という曲の歌詞に感銘を受け、恋愛にまつわるミステリーを書こう! と思ったのがきっかけでした。で、「具体的にどういう内容にしようか……」と考えていたある日、ふいに「失恋探偵」というフレーズを思いついたのでそこから発想を広げていきました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
失恋した人が調査を依頼してくる、という体裁のお話だったので、それぞれの恋物語がちゃんとグッとくるように、というのは意識していました。
あとは、ヒロインの「百瀬」が可愛いと思っていただけるよう、ひたすら自分の好みをぶち込みまくりました! 実際書いてるときは、この点ばかり意識していたかも……。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
チェックはしていました。一番緊張したのは、一次審査の結果発表の時だったと思います。それ以降は割と冷静で、「受賞しました!」という連絡をいただいたときも「そうですか、ありがとうございます」くらいのテンションだったように思います。今思えば、なんであのときもっとはしゃがなかったんだ……。人生のターニングポイントだったのに……!
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
他の方も書いてらっしゃいますが、運の要素は大きかったように思います。
それはもちろん「つまんない作品だけど運良く受賞したぜ!」ということではなく、
・インパクトのあるアイデアを思いつけたこと
・そのアイデアをもとに一定のクオリティのお話が書けたこと
・そのお話を、各段階の審査員の方が評価して下さったこと、
この辺りは、ある程度運ゲーだったと思うのです。
ただもちろん、その運を掴むための努力は必要だったと思いますし、結果が出るまであきらめなかったのも重要な要素だったと思います。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
授賞式にて、それまで読者として楽しんできた作品の作者様が話しかけてきて下さるのは、もう本当に夢かと思うような出来事でした。
それから、デビュー作の帯に竹宮ゆゆこ先生からコメントをいただいたのも、これまで生きてきた中でトップクラスに幸せな経験でした……。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
大変なのは、もういつも大変ですね。
日々、自分の実力不足を思い知らされるばかりです。授賞式で時雨沢恵一先生が「デビューしたあとの方が大変ですから」とおっしゃっていて「いやいやまさかそんな……」と思ったものでしたが、本当でした……。
楽しいことはいろいろあるのですが、原稿作業を終えたときと、読者の方に感想などをいただける時が特に楽しいですね!
以前自分はバンドをやっていて、なかなか多くの人に曲を聴いてもらう機会を得ることが出来ない、という経験を何度もしてきたのですが、今は電撃文庫・メディアワークス文庫で出版をするというだけである程度の方が手にとって下さることになります。それはとても嬉しいことですし、同時に非常に責任を感じるところでもあります。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
投稿時代は、ある程度意識的に自信を持って書くよう心がけていました。編集さんがついてくれていない以上、全ての判断は自分でしなければいけないわけで、その時に自信を失っているとどんどん作品が小さくまとまっていってしまいます。作品の「武器」を鋭利なものでありつづけさせるためにも、自分が「面白い」と思ったことを「誰がなんと言おうと面白いんだ!」と思い続ける自信は必要なんじゃないかなと思います。
逆に、デビュー後は謙虚な気持ちを大事にしたいなと考えながら執筆しています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
ちょっと変な言い方になるのですが、自分の生み出したキャラが、作品を読んでくれた人の中で「生きている」と感じることができた時です。
作品の感想をいただく際、作者の僕がびっくりするほどキャラに思い入れを持って下さる方が時々います。いきいきとそのキャラについて語り、思いを口にしてくれるような方。そういう方のお話を聞くたび、ああ、あのキャラは僕の手を離れてこの人の中で生きているんだなと、とてもとても嬉しく思います。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
まだ一本もお話を最後まで書き上げた事のないあなた。まずは一本最後まで書いてみましょう。見えるものが大きく変わってくると思います。
すでに一本書き終えたあなた。もうその時点で、一種の才能があるのだと思います。物語を最後まで展開させられたことを誇り、さらに次の作品執筆にも邁進して下さい。
すでに何作も書いているあなた。これまで書いてきた作品は、仮に結果につながらなかったとしても大切な糧になっているはずです。少しずつでも前に進んでいきましょう。そうすれば、きっとこれまでの作品も報われるはずです。
僕自身、そんな課程を経て賞をいただくことが出来ました。
これを読んだあなたと、いつか授賞式で出会えることを楽しみにしています。