出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第43回 有間カオル

プロフィール

東京都出身。第16回電撃小説大賞に応募した『太陽のあくび』でメディアワークス文庫賞を受賞し、同書でデビュー。他の著書に『サムシング・フォー~4人の花嫁、4つの謎~』『魔法使いのハーブティー』『招き猫神社のテンテコ舞いな日々』(メディアワークス文庫)などがある。最新刊『招き猫神社のテンテコ舞いな日々2』(メディアワークス文庫)が2015年7月25日に発売!

招き猫神社のテンテコ舞いな日々2
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
はっきり覚えていませんが、三十歳を過ぎていたと思います。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
三回目の投稿でした。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
公募ガイド(だったと思う)で、メディアワークス文庫賞という新しい賞が新設されたと知って。
初代受賞者になれたら目立つからいいのではないかと思って投稿しました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
当時担当していた食品関係の仕事から。
実際の会社や仕事があんなんだったらいいな、こんなんだったら楽しいな、なんて妄想しながら書き上げました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
愛媛のシーンでは自然の豊かさとのどかさ。東京のシーンでは一秒を争う生放送の緊迫感と緊張感。この二つの場面のメリハリを大切にしました。
あとはいかにミカンを美味しそうに表現するかです。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
普段通り仕事をし、思い出したときは二次発表が終わっていました。
母体が電撃文庫(ライトノベル)ということで、農業や会社などがテーマの作品は堅苦しいと全くうけないか、逆に目新しいと目立つかのどちらかだと思っていたので、二次通過したのを見たときは「あ、これはいけるかも」と思いました(笑)。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
当時はまだ仕事系小説の応募者が少なかったから目立ったとか? 
レモミカンが美味しそうだったから、だと嬉しいのですが(笑)。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
とにかく忙しく、あっという間にデビューしていたという感じです。
通常は2月デビューですが、メディアワークス文庫創刊に合わせ12月デビューだったので、準備期間が他の受賞者よりも2カ月も少なく、担当さんも大変だったと思います。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
大変なのは締切があること。趣味から仕事になったので、当然といえば当然なのですが。
楽しいというか、楽になったのは取材がやりやすくなったことです。
プロになれたお陰で取材も資料集めも楽にできるようになり、思う存分作品世界を掘り下げることができるようになりました。苦労であると同時に喜びでもあります。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
興味や疑問に素直に食いつくこと、下調べをケチらないことです。
あとは流行モノに目を向けるようになりました。自分の興味のない分野でも、なぜ流行っているのか、なにが人々を惹きつけるのかを常に考えています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
書店に自分の本が並んでいるのを見たときと、読者の方から面白かったと感想をいただいたときです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
すべての経験が糧になります。もしも筆がとまってしまったら、執筆を一旦お休みして今の仕事に全力投球したり、知らない土地を旅したり、恋をしたり、新しい趣味を始めたりしてみるのもいいと思います。デビューするのは大変ですが、作家を続けることはもっと大変なので、経験という名の貯金を増やしておくといいと思います。
公務員試験などとは違い、作家は何歳になっても挑戦できます。焦らず、諦めずに頑張って下さい。