出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第44回 小川晴央

プロフィール

大阪在住。第20回電撃小説大賞応募作『三年B組中崎くん(仮)』で〈金賞〉を受賞し、同書を加筆修正した『僕が七不思議になったわけ』(メディアワークス文庫)でデビュー。緻密な構成力が光る作品が持ち味。最新刊『君の色に耳をすまして』(メディアワークス文庫)が2015年8月25日に発売!

君の色に耳をすまして
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
正確には覚えていませんが、本格的に書き始めたのは三~四年程前からだったと思います。ただその前から、漫画原作や脚本など、いろいろな媒体で「ストーリーを作る」ということは行っていました。その経験は小説を書く上でもとても役立っています。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
小説作品では、一つ目と二つ目の作品を新人賞に送りましたが箸にも棒にも引っかからず、三つ目で他のレーベルの賞を、四つ目でこの電撃小説大賞<金賞>をいただくことができました。
周りの人に助けられながらやってこれました。感謝しなくてはなりません。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
電撃小説大賞の中にある、“メディアワークス文庫賞”の存在が大きかったと思います。
その賞を狙っていたわけではありませんが「幅広い作風を受け入れていそうだな」と感じたのが応募の決め手です。
用意していた作品が、ライトノベルのど真ん中。といえるような作品ではありませんでしたから。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
まず先に核となるシナリオ上のアイディアがありました。それ自体は煮詰まった末に出てきたものなので、何から着想を得たかはよく覚えていません。
そこから、そのアイディアに対して相性が良く、魅力的になるようなものを。ということで「七不思議」や「テンコさん」という設定やキャラクターを詰めていきました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
とにかく自分の書きたいものを100%の力で書く。というのを意識していました。
そのせいか楽しく作業できていたので、苦労はあまりありませんでした。強いて挙げれば、好きに書くほど、作品の質が受賞から遠ざかっていくような気がして、その不安と戦うのが苦労した点です。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
ダメだったらダメで次のスタートへ切り替えたいという考えもあって、選考段階の結果はHPで毎回確認していました。
気にしないように心がけていましたが、無理でしたね(笑)。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
成熟したバランスのいい作品では決してなかったと思っています。それでも賞をいただけたのは、構成力などの長所を評価していただいたからだと思います。
自分なりの100%を出す。と意識しなければ、評価していただいた箇所は生まれなかったはずです。無意識のうちに大切なことをしていたんだなと、最近実感しています。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
正直、発売日になってもデビューしたという実感はあまり湧きませんでした。
不安もいっぱいあったことが、その一因かもしれません。
しかし、いろいろな人から少しずつ感想をいただけるようになって、本当に僕の作品を多くの人が手に取ってくれてるんだなぁ。とじわじわと感動と感謝の気持ちでいっぱいになりました。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
未熟者なので、たくさんの問題に躓きました。それを乗り越えるのは常に大変ですし、一生解決できないんじゃないかと不安にも囚われます。でもデビュー作を読んでくれた方の感想をいただきながらの作業だったので、とても幸せでしたし、楽しくもありました。
二作目が一段落した時の、担当さんとのハイタッチ、同期や先輩作家さんとお話しさせていただいたこと。他にもたくさん楽しい経験をさせていただきました。
ただ作品がボツになる瞬間は嘔吐しそうになるほど嫌いです(笑)。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
作業の段階ごとにそれぞれ意識していることがあります。
その中の全段階で共通していることの一つとしては『作品の魅力を、自分自身で理解しておくこと』です。これが完璧にできた試しなどないのですが、この作業を怠ると、どこへ進めばいいか分からなくなってしまうので。
自分に足りないたくさんの才能を補う為に、感性と論理のバランス取りには気を付けています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
8月25日にやっと二冊目が出るという、まだまだ新米作家なのですが、やはり読者の方の反応をいただいた時です。ファンレターをいただいた時は、一日中ニヤニヤしながら手紙をめくっていましたね。
もう一つ付け加えさせていただくと、担当編集さんとの打ち合わせが大変ですが楽しいです。僕の作品の為に、一緒になって夜遅くまで本気で悩んでくれるんです。今までにはない経験で、本当にありがたく思います。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
アドバイスと銘打つと恐縮してしまうので、あくまで一つの経験談として……。
僕の場合は、その時僕が書きたいと思ったものを書いて受賞することができました。 きっと、審査員受けや、流行を狙って書いていたら、僕の技能では埋もれてしまっていたと思います。
自分にとって、自分が出せる100点のものを目指すといいのかもしれない。
それが受賞を経て得た僕なりの教訓です。
そして、今もその為に必要なこと、そして、自分に合うやり方を模索している最中です。
いい作品を作る為に、お互い頑張りましょう。