出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第45回 真代屋秀晃

プロフィール

大阪在住。電撃文庫『韻が織り成す召喚魔法 -バスタ・リリッカーズ-』で第20回電撃小説大賞〈金賞〉を受賞し、同書でデビュー。電撃文庫の最新刊『レベル1落第英雄の異世界攻略』が、2015年9月10日に発売!

レベル1落第英雄
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
マンガ系の専門学校に通っていたときに、授業の一環で書いたのが最初です(その学校は映画のシナリオを作ったり小説を書いたりする授業があったんです)。
卒業後も趣味レベルでだらだらと書いていたのですが、同じ学校の卒業生がHJ文庫さまでデビューしたのをきっかけに、自分も本格的に小説家を目指そうと奮起しました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
少ない投稿数で受賞された方々と違って、目眩がするほど落ちまくっていました。データを残していたパソコンはハードディスクごと仏になったので、正確に数えることはできませんが、受賞作はたぶん30本目くらいだったと思います。
ライトノベルや一般文芸を合わせて、年間5~6本ほど投稿していました。二次選考を通過できたのは5本です。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
中学時代に、中村うさぎ先生や上遠野浩平先生の作品に触れたことで憧れがあったんです。そしていざ自分が小説家を目指そうと思ったとき、真っ先に浮かんだのが電撃文庫さまでした。
最初に出したときの結果は惨敗。それからしばらく別の新人賞に出していたのですが、やっぱり電撃文庫さまで書いてみたいという憧れが捨てきれず、だめもとで第19回に3本出してみました。そのうちの1本が四次選考まで残ったので、もうここに絞ろうと考えて第20回にも投稿して金賞をいただくことができました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
もともと音楽モノで異能バトルを書こうと思っていたのですが、うまくまとまらず難儀していました。そのとき街でたまたま口喧嘩しているカップルを見て、その罵り合いの言葉がビジュアル化すれば面白いかもと考えたことから、ラップを呪文にした召喚魔法バトルというアイデアに繋がりました。あのカップルが仲直りしてくれたことを祈ります。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
題材が特殊なので、話自体はシンプルな王道でいこうと意識しました。
それと今まで二次選考を通過した投稿作は全部、バカなキャラが繰り広げるコメディ調のものだったので、受賞作はそれをもっと突き詰めようと考えました。あと場面転換の際には、ちょっとしたヒキを作るように。山場で主人公のキャラが崩壊しないように……などです。
苦労したところは、もちろんラップ部分です。たった三行書くだけで膨大な時間がかかりました。語彙力のなさを痛感します……。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
応募したあともすぐ新しい作品に取りかかっていたので、普段はあまり意識しませんでした。それでも一次選考、二次選考が発表される日は何も手につきません。あの緊張感は何度投稿しても慣れないものでした。
今でも発表の時期が近づいてくるとどきどきしてしまいます。二次通過のあとは電話待ちになるので、そこからは割とラクな気持ちになれます。一次、二次は発表の日がほぼ明確に決まっているから落ち着かないんでしょうね。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
特殊な題材でも王道のストーリーを貫いたこと、それぞれのキャラクターをできるだけ魅力的に描いたこと……だと思っているのですが、どうなんでしょうか。
あと、いくら王道とはいっても、その題材でなければ描けないことをうまく盛り込んでいるか、という部分もカギになったような気がします。
……とは言っても、中身については選んでくださった選考委員の方々や、編集部の方々に聞かないと明確にはわからないというのが正直なところです。自分的には何度落選しても諦めなかったことが最大の決め手だと思います。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
僕はフリーランスのライターを仕事にしているので、収入がとても不安定なんです。当時は本当にお金がなくて、授賞式のために東京へ行く資金を捻出することもできませんでした。そのため友人に頭を下げて交通費をお借りするという事件が勃発します。その友人が電撃文庫ファンでなければ、もしかすると授賞式を欠席するという最悪の結末を迎えていたかもしれません。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
今までプロットを誰かに見せたことがなかったので、担当さまに「この状態で見せて伝わるのか?」と不安になり、やたらと細かく書くようにしていました。
結果、プロットだけで電撃フォーマットの原稿(34W×42L)が40枚オーバーになるという事態になりまして。こちらが作る時間もかかるし、担当さまも読むのが大変だったと思います。少ない字数でこちらの意図を汲み取ってくださる担当さまは神です。
楽しかったことは、現在進行形なのですが、やはり打ち合わせです。担当さまと意見交換することが楽しくて仕方ありません。あとはそんな素晴らしいお二人の担当さまと飲みに行けるということです。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
いろんな作品に触れることです。僕は小説に限らず、マンガ、映画、ゲーム、音楽、美術が好きなので、それらに手を伸ばしまくっています。映画のBlu-rayだけで現在400枚は保有しています。とは言っても、勉強のために鑑賞するのではなく、まずは楽しむという姿勢が大事だと思います。
あと「それには興味がない」と言わないようにしています。作品に触れる前から自分に合う合わないを決めず、とにかく勧められたら手を出すように心がけています。結果、音楽でいえばアイドルを含めてオールジャンル好きになりました。なるべく多くの引き出しをもつってやつですね。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
ほかの先生方と思い切りかぶってしまいますが、やはり読者のみなさまがいるんだなと考えるときです。
感想を目にする機会もあるのですが、「めちゃくちゃ笑った」「胸が熱くなった」とか言われると、嬉しすぎて失禁しそうになります。
もちろん酷評でもかまいません。こんな僕ごときでも本を通じて、誰かの人生にちょっぴり介入できるという点が、たまらなく幸せです。みなさまの一生の記憶に残る作品が作れたら、最高の幸せです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
僕がそうだったのですが、社会人になっても投稿を続けていると、「いい年なのにいつまで夢を見ているんだ」なんて言われることがあります。まず、そういった言葉は気にしないようにしましょう。「作家志望の友達も書くのをやめたし、自分もそろそろ……」と考えるのもやめましょう。「10本投稿してもダメだったし、自分には才能がないんだ」というのもよくありません。まだ10本です。
とにかく周りに流されず、夢を信じて何度でも挑戦してください。約30本目でデビューできた僕だからこそ断言しますが、続けていれば必ず結果が出ます。そんな方と授賞式でお会いできる日がきたら、我が事のように泣きわめいて祝福させていただきます!