出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第46回 青葉優一

プロフィール

熊本県在住。一九七七年十一月一日生まれ。『王手桂香取り!』(電撃文庫)で第20回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞し、同書でデビュー。超の付くほどインドア派。趣味はテレビゲーム、映画&海外ドラマ鑑賞、読書、将棋、ネット動画の視聴、ボクシングやサッカー観戦。コーヒーを飲まない日はない、大のコーヒー好き。メディアワークス文庫の最新刊『復讐ゲーム ―リアル人間将棋―』が、現在好評発売中!

レベル1落第英雄
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
小説家になりたいと思い、書き始めたのが二○○四年の春です。最初の二年は文豪気取りで、手書きで書いていました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
約十年のあいだに、四十前後の作品を、あらゆる賞に応募し続けました。正確には憶えていませんが、半分くらいは一次落ちだったと思います。自信のある作品ほど一次落ちで、あまり期待していない作品が二次通過や最終選考に残っていたという記憶があります。電撃小説大賞には受賞作を含めて二回応募しています。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
受賞作の『王手桂香取り!』は将棋を題材にした物語で、将棋の専門用語も多数出てきます。当初、この作品をライトノベルの賞に応募してもいいのだろうかと迷ったのですが、電撃小説大賞は《何でもあり》を謳っているので、本当に何でもありなのか俺が試してやる、という気持ちで応募しました。結果、嘘偽りなく、電撃小説大賞は面白ければ何でもありの賞だということがわかりました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
私は将棋が好きなのですが、それまで一度も将棋を題材にした小説を書いたことがありませんでした。書かなかった理由の一つに、対局の描写を文字だけで伝えるのは相当ハードルが高いと思っていたからというのがあります。しかし、八年ものあいだ落選が続いていたので、開き直りと言いますか、もうこうなったら自分の好きなものを好き放題に書いてみようと思ったのが始まりです。中学生が将棋の対局をするだけの内容ではインパクトが足りないと思い、もっとパンチ力のある展開にできないだろうかと考えを巡らせていると、将棋の駒が人間の姿になって出てきたら面白いんじゃないか、というアイデアが生まれました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
将棋を知らない人にもなるべくわかりやすく書かなければいけないのですが、初心者の方にもすんなり読んでもらいたいからといって、専門用語や対局描写を削り過ぎると作品の良さが失われてしまいます。将棋に詳しい人にも初心者の方にも、どちらにも楽しく読んでもらうにはどういう書き方をするのが最善なのか、正解のない問題なので、そこが一番苦労しました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
逐一チェックしていました。二次通過した時は嬉しかったですが、まだたくさんの作品が残っていましたから、受賞することを想像するな、糠喜びになるぞと、自分に言い聞かせていました。最終選考に残ったという連絡を受けてから《銀賞》受賞の一報をもらうまでのあいだは、自分が自分じゃないような、そんなふわふわした感覚の中で日々を過ごしていました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
ライトノベルというジャンルの中で、将棋を題材にしたもので目立った作品がない、というところが決め手になったのかなと勝手に思っています。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
受賞作の発売日、本屋に行って自分の作品が並んでいるのを目にした時点では、まだ作家デビューしたのだという気持ちは薄かったのですが、ネット等で読者の感想を見た時にやっと実感が湧いてきたのを憶えています。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
受賞作はシリーズ化して、三巻まで書いたのですが、二巻と三巻はすんなりと出版できたので、この分なら新作もすぐに出せるだろうと思っていたのですが、そうは問屋が卸ませんでした。自信満々のプロットを出してはボツの連続。単に自分の力不足ではあるのですが、見通しが甘かったなと痛感させられました。ですが、私はデビューするまでに約十年かかっているので、何度ボツを喰らっても意気消沈することはありません(まあそうは言っても人間ですから多少は凹みますが)。デビューするまでに長い時間がかかったという経験は、意外なところで活きているようです。本当はボツを喰らうことなく次々と書き上げて出版するのが理想なのですが、まだまだ勉強の身です。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
文章の意味が即座に読み手に伝わるように、平易な言葉で物語を作っていくということを心がけています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
起きているあいだじゅう、それを実感して生きています。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
アドバイスというより、ただの精神論になってしまうのですが……。
前述したとおり、私は二○○四年の春(二十六歳)から小説を応募し始めて二○一三年の秋(三十五歳)に受賞するまで、九年半の時間がかかっています。三年、もしくは五年以内に結果が出なければ作家になることを諦める、という作家志望者の声をよく聞きます。様々な事情があるわけですから、別にその考え(決意)を否定する気はないのですが、もし私がそんなに『諦めのいい人間』だったら、作家デビューすることはありませんでした。軽はずみに十年くらい頑張ってみろとは言えませんが、自分の作品に自信があって、小説を書くのが楽しいという気持ちがある限りは、挑戦し続けた方がいいように思います。
最後に、電撃小説大賞はジャンル関係なしに面白ければ受賞させてくれる懐の深い賞です。それは私が断言します。応募数は桁外れに多いですが、物怖じする必要はありません。作品に光るところがあれば、必ず編集者の目に留まります。ページを繰る手が止まらなくなるような、熱い作品をどしどしご応募ください。