出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第47回 虎走かける

プロフィール

東京生まれの下町育ち。『ゼロから始める魔法の書』(電撃文庫)で第20回電撃小説大賞〈大賞〉を受賞し、同書でデビュー。獣人やリザードマンなどの人外をこよなく愛し、王道の冒険物やラブコメを好む。児童文学や絵本も好き。漫画も映画も好き。趣味は小説を書くことと、遊園地に行くこと。電撃文庫の最新刊『ゼロから始める魔法の書V ―楽園の墓守―』が、12月10日に発売!

『ゼロから始める魔法の書』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
小学生からです。
小学校で小説を書く授業があって、それでみんなでリレー小説のような事をやったのが始まりだったと思います。
あと菊地秀行先生の『魔界都市ブルース』を読んで(小学生のくせに!)、「私もこんなかっこいい主人公の物語が書きたい!」と奮い立ち、なぜかファンタジー小説を書いてました。
昔から「めっちゃ強い」とか「とんでもなく綺麗」とかいうのが好きでした。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
今はなき小説賞に一回。
第15回電撃小説大賞に一回。
少女小説に一回。
第20回電撃小説大賞にて受賞。
毎回ペンネームを変えていましたが、今回のペンネームが一番気に入っていたので、受賞できて嬉しかったです。
受賞時とデビュー時で名前変わっちゃいましたけどもね! はは!
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
細かい理由の複合体で決めた気がします……過去の受賞作に、「いわゆるラノベ」とは雰囲気の違う作品が多かったのが、一番大きな理由だと思います。
『ミミズクと夜の王』や『塩の街』などが受け入れられるなら、私も好きなものを全力でぶつけられるんじゃないかと思いました。
第15回に応募したときにいただいた選評に「また是非応募してくれよな」的な事が書いてあったのも大きかったかもしれません。
公募への投稿は、第20回への応募を最後にしようと思っていたので、砕け散るなら最難関と言われる電撃がいいなあ、という気持ちもありました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
アイディアというよりは、過去の偉人が作り上げてきた「剣と魔法のファンタジー」というジャンルを、自分の好きな要素だけで構築したら、そりゃあ私にとっては最高に面白くなるだろうなと思ったのがきっかけです。
それは『指輪物語』であって、『ダレン・シャン』であって、『キノの旅』であって、『スレイヤーズ』であって、『バスタード』であって、『ベルセルク』であって、とにかく色々なファンタジーから着想を得て書きました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
「読みやすさ」と「完成度を上げる」という事を意識しました。
読みやすさに関しては、「ファンタジーって難しい専門用語ばっかりで読みにくい」という声をよく聞くので、「じゃあできるだけ専門用語使わないで書こう。よし、魔法に関して無知な主人公の一人称にしよう」という感じですね。
完成度については、「出した設定を全部関連させれば、伏線になるじゃろ」という考え方でした。
バレバレの伏線を張って油断させつつ、ギャグシーンに伏線を隠して、それを後で回収する。エピローグにもちょっとした驚きをプラスする。
あとは「会話を楽しく」「ゼロを可愛く」「傭兵もふもふ」とかを意識しつつ、「書いていて退屈なシーンを作らない」という意識で書きました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
なにせ「落ちたらもうプロなんて目指さない」と思っていたので、毎日そわそわしていましたし、発表もチェックしていました。
「最終選考に残れば電話がある」という噂があったので、「電話こないかなー」と無駄に携帯を眺めてみたり。
最終的に「落ちたわ」と諦めて、ぐんにゃりした気持ちになっているところに電話がかかってきました。やったね!
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
選考をしてくださった先生方の選評を見てみると、「オール80点」が取れたからという気がしています。
あと、好きなものに対して迷わなかったからでしょうか。
「私はこれが好きだし、こういう話を読みたいんだ」という直球の思いを受け取っていただけたのだと思います。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
「本が出たら本屋さんに見に行くんだ!」と思っていたんですが、実際には忙しくて見に行けなかった事を覚えています。
一週間くらいして本屋さんに行ったら、近所の本屋はみんな売り切れていて「電撃文庫すげぇ」と戦慄しました。
あと色々なキャンペーンや宣伝などのために「決め台詞考えてください」とか「サイン考えてください」とか、予想していなかった事が次々降ってきて、「これじゃまるで作家じゃないか!」って訳の分からない事を叫びだすほど、目まぐるしい日々でした。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
大変だったことは、担当さんとの打ち合わせですねえ。
私は人とコミュニケーションをとるのが苦手なので、打ち合わせのたびに「逃げたい」と思っていました。
一巻の改稿作業中、担当編集さんと泣きながらガチギレの喧嘩をしたことも、今ではいい思い出です。
そんな喧嘩をしても、編集さんて作家を見捨てないんですよみなさん。ビックリですよ。ありがてぇ。
楽しかったことは、小説に関わる全ての事が楽しかったです。
担当さんとの心砕かれる打ち合わせも含めて、全部楽しかったですし、今も楽しいです。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
文章にはリズムを、物語にはテンポをという事を意識しています。
キャラクター同士の会話も「これは誰が言ってるんだ?」とか、どうでもいいところで読者さんが引っかからないように気を使っています。
あと、難しい言葉や漢字をできるだけ使わないように心がけています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
小説を書くとね……お金がもらえるんですよ……!
今まで趣味でしかなかった小説でお金がもらえる!
そのお金で欲しかった資料が買える!
資料をもとにまた小説が書ける!
こんなに素晴らしいことはない!
作家最高!
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
精神論的なものはほかの受賞者のみなさんが書いていると思うので、技術的なお話を……。
「伝える力」を磨きましょう。
文章を書くときに、情報を詰め込みすぎないように気をつけると読みやすさが向上します。
主語と述語の関係が乱れないように気をつけるのも、基本的ですがとても大事なことです。
そして、全てのシーンに何らかの意味を持たせましょう。
「キャラの可愛さを表現する」とか、「世界を描写する」とか、読者に何を伝えるシーンかを意識して書く事が大事です。
「イベントとイベントの間をどうでもいいシーンで埋める」という書き方をしている人がもしいたら、「どうでもいいシーンなんかねぇよ!!」と叫べるくらいぎゅぎゅっとすべてを詰め込んでみてください。