出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第48回 朽葉屋周太郎

プロフィール

1988年、千葉県生まれ。『おちゃらけ王』で第17回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞し、デビュー。そのほかの著作に『絶望センチメンタル』『かもめ高校バドミントン部の混乱』『たいやき』などがある。メディアワークス文庫の最新刊『スマッシュエース!』が、2015年12月25日に発売!

『スマッシュエース!』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
大学三年生の秋です。周囲の人達が着々と就職活動の準備をしている中、そういった流れに逆らおうとにわかに企み、外界との接触を断って執筆をはじめました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
はじめて小説を書いてから数ヶ月のうちに電撃以外の新人賞に二度投稿し、玉砕しました。その次に送ったのが電撃小説大賞です。「落選した二作は肩慣らし。電撃が本番」などと都合のいいことを当時は考えていました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
締切が近かった、というのが一番にありますが、「メディアワークス文庫」の存在も投稿理由の一つではあります。電撃とメディアワークス、二つあれば余程のことがない限りカテゴリーエラーとして弾かれることはないだろうと考え、安心して自分の書きたいものを書きました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
友人の言動に大きな影響を受けて、まず主人公の相棒、次に主人公の人物像を作っていきました。人物設定の基盤となる「自称魔王」とか「性根が貴族」というのは、友人が実際に発した言葉が元ネタになっています。ほかにも、作中のボケの幾つかは彼等との実際のやりとりにほんの少し手を加えたものになっています。
お気づきの通り、最初の質問に対する答えは半分嘘で、本当は外界との接触を少しも断っておらず、お友達とたくさん遊んでました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
受賞作の肝は何といっても「笑い」だったので、どうすれば読む人を笑わせられるかを考えて書いていました。その中で特に心がけていたことは二つ。一つはボケの手数です。二行か三行に一つ、できれば一行に一つ笑いを取ろうと、だいぶガツガツして盛り込みました。で、もうひとつはツッコみの省略です。小説は何しろ「読む」ものなので、声や動きを視聴する漫才などと比較すると、ボケの直後に来るツッコみのスピードが物凄く遅いです。致命的なほど。それならもう省略しちゃって、読者にツッコんでもらえばいいじゃん、と考えて書きました。
苦労したのは推敲です。文のテンポが大事だったので、かなり気を遣いました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
「一次さえ通れば後はなんとかなる」という出所不明の自信が当時の僕にはあったので、一次選考の結果発表時が最も緊張しました。心臓のバクバクで前髪が揺れました。本当です。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
徹底的にふざけても違和感のないキャラを作れたことが、評価していただけた最大のポイントかと思っています。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
授賞式会場がとても立派な所で、足を踏み入れる勇気が湧かず、ひとまず無関係の人を装って素通りしたことを覚えています。あと、その日に同期受賞者の方々と初めてお会いして、当時の僕は、自分以外の「小説を書いている人間」というのに会ったことがなかったので、どうせヘンな奴らなんだろうな、と不安と失礼のブレンド状態で臨んだのですが、実際にはとても気さくで優しい人達でした。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
受賞作までは、プロットなど碌に作らず好き勝手に書きはじめて好き勝手に書き進めてフィニッシュしていたのですが、デビュー以降はそういうわけにいかず、まず担当編集者にプロットで話の骨子とその面白さを伝えなくてはならず、不慣れなせいもあって苦労しました。今でも大変です。
楽しいのは、登場人物が自然に動きだす瞬間です。作者が神経質になってコントロールしなくても、登場人物達が自律的にその個性を象っていく、そういう流れに乗った時は爽快です。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
さむいと思ったことはやらない。クサイと思ったことは一つか二つやってみる。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
読者からの反応を頂いた時です。ほかの何にも代えがたい特別な体験なので、この時は本当に「よかったー」と実感します。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
やりすぎかな、と思った所からもう一歩!