出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第49回 成田名璃子

プロフィール

青森県生まれ、東京都在住。魚座、A型。趣味は星占いと散歩。『月だけが、私のしていることを見おろしていた。』(メディアワークス文庫)で第18回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞しデビュー。最新刊『不動産男子のワケあり物件』(メディアワークス文庫)が発売中!

『不動産男子のワケあり物件』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
賞をいただく二年半前からです。ちょうどリーマンショックの頃で、それまで猛烈に忙しかった会社員としての仕事が嘘みたいに暇になりました。出社してもネットサーフィンしかすることがなくて、ある日、「そういえば昔、小説家になりたかったなあ」と思い出し、小説教室に通い始めたのがきっかけでした。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
書き始めて一年目は、日本ファンタジーノベル大賞、オール讀物新人賞。二年目は、ボイルドエッグズ新人賞、電撃小説大賞に応募しました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
当時、自分が書いているものをどういう賞に応募したらいいのか分からずにいたのですが、そんな時に「ジャンル不問でなんでもあり」というスタンスの賞が二つありました。そのうちの一つが電撃小説大賞だったので、迷わず応募しました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
当時住んでいたマンションの近くで、ビルに向かって「ヤッホー」と叫ぶ子供がいました。当然、ビルは山ではないのでやまびこは返ってこないのですが、親切なサラリーマンのお兄さんが「ヤッホー」と返してあげたのを聞いて、物語が閃きました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
それまで、もっとファンタジー色の強い物語を書いていたのですが、ファンタジー要素をもう少し現実の中に定着させてみたらどうなるかな、と考えて書いたのが受賞作でした。長編を書くのは初めてだったので、小さなアイデアを積み重ねて、読み飽きないように、自分も書き飽きないように工夫したのを覚えています。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
はい、チェックしていました。根が明るいので、ドキドキしながらも、受賞した時の妄想をしてにやにやしていました。受賞したと仮定して、その日の喜びの日記をつけたり……(笑)
ダメだったと考えるより断然楽しいので、妄想日記はオススメです。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
ある程度、選考に残ったあとということですと、ずばり運だったと思います。運だけは昔から強くて親戚のおじさんに感心されるくらいだったので――。あとは、自分が作家になるということを、実力の有無に関わらずあまり疑っていなかったので、それが良かったのかなと思います。
ただのバカだったとも言えますが……。実際、職業になると、自信をなくす局面は嫌というほど訪れるので、バカでいられるというのは大事な要素かもしれません(笑)
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
受賞するまではものすごくポジティブだったのですが、受賞してからは、本当に作家としてやって行けるのか不安になって、動悸が乱れがちになり、生まれてはじめて漢方薬を飲みました。
あんまり効かなかったです。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
大変だったことは、まだあまりないです。まだ壁にもぶつかっていないので……。
RPGの最初のほうみたいに、草原に出ると、書いた経験値でちょっとだけレベルが上がるという段階だと思います。
楽しかったことは、『ベンチウォーマーズ』という作品を書いている時に、初めてキャラクターが勝手に動くという体験をしたことです。主人公が、「へえ、この人、こんなことを思ってたんだ」ということを喋り出して、とっても書くのが楽しかったです。あの状態を目指して書けばいいんだ、と何となくわかってきたのですが、なかなかその状況を意図的に作り出せません。あ、それが大変なことですかね(笑)
それから、プロットや推敲の段階で編集さんから意見をいただいて物語がぐんと広がる瞬間があって、そういう時はやはり楽しいです。
それと、小説を書くことそのものではないですが、一人で書いていると、猫と家族としか話さない時があるので、たまに無性に寂しくなることがあります。そういう時は、違う大人と話したいなあと思ったりします(笑)
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
緊張せず、楽しんで書くということです。あと、傑作を書こうと気負わないように気をつけています。
あんまり気負うと筆が止まるので……。細かい書き方は、書くたびに試行錯誤しています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
自分が楽しんで書いた部分に対して、読者の方もここが良かった!と共感してくださった時や、面白かったと喜んでいただいた時です。毎日思う存分書けて、それが誰かのもとに届くというのはやはり嬉しいです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
応募作は、どうしても書かずにいられないもの、書いていて楽しいもの、熱がこもるものを書き上げるのがいいと思います。
応募したら、あとはひたすら、受賞したことを妄想してニヤニヤするのがオススメです(笑)