出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第50回 椎田十三

プロフィール

東京都在住。都内某所で風が吹けば飛びそうなアパートで、寒暖差と騒音に悩まされながら暮らす。『いでおろーぐ!』(電撃文庫)で第21回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞しデビュー。最新刊『いでおろーぐ!4』(電撃文庫)は2016年3月10日に発売!

『いでおろーぐ!』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
たしか大学に入って少し経ったくらいに書き始めたように思います。おそらく暇だったのだと思いますが、なにぶん昔のことなのでよく覚えていません。最初に書いたものはかなり支離滅裂でしたが、いくつか書いているうちにだんだんと慣れてまともなものが書けるようになってきました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
17回(?)の電撃小説大賞に応募して二次選考くらいまで行きました。そのあと忙しくなって書けなかったのですが、20回のときにまたふとした思いつきから書いたものが4次選考まで残って、その反省をもとに書いた『いでおろーぐ!』で21回の銀賞を頂きました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
特にこだわりは無かったのですが……冬になると気分が落ち込むのに反比例するように面白いことを思いつくようになるので、それが長編小説として書き上がるのが大体四月頭くらい。電撃小説大賞の締め切りは四月十日なので、頑張るとそれに間に合う、ということで、いつも応募していたのだと思います。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
マルクスの『ドイツ・イデオロギー』という本がたまたま手許にあって、そのころ「恋愛は陰謀である」という説を思いついており、それと組み合わせたんじゃなかったかと思います。最初は孤独な青年がふとその可能性に思い至る、という話にしようかと思っていたんですが、それだとあまりに華が無く魅力に乏しいので、女子がその主張を展開していることにしよう、ということで、話を組み立てていきました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
20回で応募していたものはかなり毒々しい内容でした。確かにそれはそれとして面白いんですが、広く一般に受け入れられるにはあまりにもキツすぎる要素がたくさんありました。死ぬほど辛いカレーを好む人がいるように、そういうものにも確かに需要があると思うのですが、結局そういうものは辛さで誤魔化しているような面もあって、いくらか不誠実であることを否めません。『いでおろーぐ!』では辛さも残しつつ、しかしカレーが本来持っている味もしっかりと味わえるようにしよう、そこでも勝負していこう、というのを常に心がけていました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
段階ごとにチェックしていました。前回4次選考まで行っていても、今回通過できるとは限らないので、1次選考からかなり不安だったと思います。最終選考に残ったという連絡を頂いたときは、非常に嬉しかったです。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
やはりヒロインの領家薫というキャラクターを産み出せたのが大きいと思っています。結局何もかもが彼女を中心に回って物語を引っ張っていってくれるので、書いていて安心感がありました。あとは運です。選考委員の間でも評価が分かれるように、誰が読んだかによって、応募作がどこまで選考を通過していけるか、というのは確実に変わってくるように思いますし、それは仕方がないことです。最終的にはそんなふうに運が絡むのですが、応募者は自分の作品を磨くことによって通過の可能性をどんどん高めていくことができます。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
デビュー前に思ったよりも、自分の中で盛り上がらなかった印象があります。ネットで叩かれたりするのかな、と不安になっていたのですが、別にそんなこともありませんでした。本屋に行くとつい『いでおろーぐ!』があるかどうか確認してしまうのは、一年近く経った今も変わっていません。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
4巻の執筆時期が、本業の重要なタスクと完全にバッティングしてしまい、大変な目に遭いました。これまで生きていた中で一番忙しかったくらいです。小説を書くのは、基本的に楽しいです。それに加えて、出版されて多くの人の手に渡ることによって、自分の生み出した物語が他の人に刺激を与える、というのは面白いです。『いでおろーぐ!』を読んでくださった方が、それに何がしかの影響を受けて新しい物語を生み出してくれたら、それに優る喜びはありません。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
原稿はまず全て手書きして、それから自分でパソコンに打ち込みつつ手直ししていく、という非効率極まりない方法をとっています。明らかに効率は悪いのですが、「何を使って書くか」というのは文章の面白さに強く影響をおよぼすのではないかと思っているため、とりあえず『いでおろーぐ!』に関しては全てこのスタイルで行こうかと思っています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
外国語での出版オファーを貰ったときが、一番嬉しいかもしれません。大手のレーベルからデビューしてなくても、ネット公開や即売会頒布でも小説を書いている限り作家は作家です。しかし、部数の多さや、この外国語翻訳に関しては、自分一人の力でどうにかなるものではありません。多くの人が関わることになり、その核に自分の書いた小説があるというのは、非常に誇らしいことに思います。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
アイデアをたくさん出しておいて同時並行で進めていき、面白くないなと思ったら容赦なく切り捨てる、という手法が有効だと思います。1次選考の前にゼロ次選考を自分でやってしまえば、通過の確率は必然的に高くなります。あとは、運が絡むのだ、ということを常に念頭においておき、落選してもあまり気落ちしないで次の小説を書く、そのバイタリティが一番重要です。むろん全てを運のせいにしてしまうのではなく、落ちた要因はしっかりと探って、それを次に活かしていくことも、同じくらい重要です。使いまわしたりせずに常に新しい小説を応募していくのが良いです。確実に成長につながります。