出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第51回 鳩見すた

プロフィール

神奈川県在住。気がつくと鳩に見とれている。『ひとつ海のパラスアテナ』(電撃文庫)で第21回電撃小説大賞〈大賞〉を受賞しデビュー。2016年4月10日に最新作『この大陸で、フィジカは悪い薬師だった』(電撃文庫)が発売!

『この大陸で、フィジカは悪い薬師だった』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
小学生の頃にホームズ全集を読んで、「怖い! でも面白い! 僕も小説書いてみたい!」と思ったのがきっかけでした。が、実際に書き始めたのは2013年の元旦になってから。小学校を卒業して二十年以上たってようやく、「そろそろ書かなきゃ」と思い立った有り様です。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
第20回の電撃小説大賞を皮切りに、ライトノベル、一般文芸、児童文学、web系の文学賞など、目についた公募には片っぱしから送ってました。さすがにのんびりしすぎだぞと、今更焦っていたのです。結果は一次落ちから最終落ちまで、あらゆるがっかりを一通り。壁にぶつかっても悩んでいると次の締め切りに間に合わないので、ひーひー言いながらひたすら書いていたように思います。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
・ジャンルや題材の自由度が高い(書きたいものをそのまま書ける)
・他の公募は月末締め切りが多いけれど、電撃小説大賞は四月十日とちょっと余裕がある
・短編での応募も受付けている
・賞の数が多い(応募者も多いことは見て見ぬふり)

以上の点から、「とりあえず三月末を目処に長編一本書いて、余った十日で短編も書けば受賞率アップだぜ!」なんて甘いこと考えちゃったのが理由です。もちろん十日で書いた中身ぺらっぺらの長編(短編でおさまらなかった)は一次で落ちましたし、投稿後に本命の原稿を見返したら誤字だらけでアタマ真っ白になりました。慌てて二兎を追うと後の祭りで皮算用すらできません。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
海で女の子が漂流するよって話なんですけど、設定もベタで、特にアイデアはありません。しいて言えば床に落ちていた「つけまつ毛」を見てゲジゲジだと驚いたり、風呂上がりにパンツもバスタオルもなかったのでバスマットを腰に巻いたりという、僕のすっとこライフがそのまま世界観になっています。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
「どんな話か忘れちゃったけど、ひとつだけ強烈に覚えているシーンがある」
そんな小説が好きなので、ここだと思った場面ではビジュアルをイメージしてもらいやすいよう物語の速度を緩めたりしました。あとは世界観に合わせて文体を淡白に。これは昔のハードボイルドが好きな影響だと思います。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
自分ルールで「選考発表の日は結果にかかわらずお酒を飲んでもよい。おつまみをハムにしてもよい」と決めていたので、その日を待ち望んでいました。一次の発表はちょうどビールのおいしい季節なので。おかげでピリピリせず気楽にチェックできましたし、ハムもおいしかったです。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
運とブルーオーシャンのおかげです。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
毎晩徹夜でへろへろだったとか、入稿作業でやらかしちゃったとか色々ありますが、一番印象に残っているのは、デビューの報告をすると喜んでくれた人が大勢いたことです。それまで無沙汰していたにもかかわらず、みんな自分のことのように嬉しがってくれて。たぶん一生で一番「かたじけねぇ……!」って口にした時期だと思います。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
打ち合わせでは、「この一文ちゃらっと修正よろー」「おっけー」みたいに安請け合いしちゃうんですが、一箇所を直すとあちこち齟齬が出るのが小説というもので。改稿作業はいつも予想以上に時間がかかって刻の涙が流れます。でもそんな作業も含めて「書く」ことは楽しくて。読んでくれた人が笑ってくれるかなあ、楽しんでくれるかなあと想像している時は、自室の引き戸を開けた家族が無言でまたすぐピシャリと閉めちゃうくらいにニヤニヤしています。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
何でも頭で決めつけないようにしています。具体例を挙げると、泳げないけどヨットに乗ってみたり、高所恐怖症なのにバンジージャンプしてみたり。自分に向いてないと思っていたことが楽しかったらめっけもんですし、最悪の経験をしたとしてもそれを糧にしやすいのが小説なので。ただのMじゃねーかと言われたら……そんなこと、ないですよ、たぶん……(自信ない)。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
初めてファンレターをもらった作家の様子を動画にしたら、閲覧数6桁は軽いと思います。「郵便受け見たらハム入ってた!」みたいなテンション上がりっぷりなので。真面目に言うと、文章を通じて人の心にちょっぴりでも触れられたなら、書き手にとってこれ以上の喜びはありません。読者様から「面白かった」など温かい声をかけていただくと、僕はいつも心でほろほろしています。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
既に書き始めている方へのアドバイスは他の作家さんがされていますので、僕は「書きたいと思っているけどなかなか書き始められない人」向けの話をひとつ。何かを始めたいと思った場合、とりあえず道具を買っちゃうのって有効ですよね。ジムに通いたいならウェアとシューズを一揃い。バンドやりたいならスコア読めなくても楽器を購入。買っちゃったら使わないともったいないしーってなアレです。小説の場合だと、なるべく「小説を書く」以外に用途のないものがよいと思います。原稿用紙に万年筆、執筆ソフトに辞書ソフト、スマホの人なら日本語入力アプリなんてのもいいかもしれません。電撃小説大賞はweb投稿も可能ですが、モノクロレーザープリンターもあると色々便利でオススメです。道具が揃っている人なら、ちょっとお高めの資料を購入したり、取材にお金を使ってみたりも。気軽に書き始められるのが小説のよいところではありますが、環境が整うとやる気も出ますし、何より深くのめり込めるようになりますよ、ということで。

それでは、授賞パーティの会場で皆様にお会いできる日を楽しみにしています(僕はハムの前にいます)。