出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第52回 松村涼哉

プロフィール

静岡県浜松市生まれ。自己紹介と自分語りが苦手。
『ただ、それだけでよかったんです』(電撃文庫)で第22回電撃小説大賞〈大賞〉を受賞しデビュー。

『ただ、それだけでよかったんです』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
小学生のときからです。もう十年以上前になります。そこから漠然とプロになりたいとは思っていて、本格的に目標として書き始めたのは高校生の頃です。絶対にデビューできると思って投稿した小説が、一次落ちだったのは良い思い出です。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
ライトノベル、一般文芸問わず、新人賞に送りまくっていました。おそらくデビューまでに十作品以上は。結果はバラバラで一次落ち、二次落ち、最終選考落ちと一通りは経験した気がします。電撃小説大賞には3回応募しました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
上の質問でも答えたように、とにかく闇雲に送っていたのでたまたまです(笑) ただし、一次選考が確実に通るようになって、しっかりと講評をもらえるようになったら電撃小説大賞に送ろうとは考えていました。できるなら最大手でデビューしたいという願望は常にあったのです。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
受賞作の『ただ、それだけでよかったんです』はたまたまニュースで目にとまった、とある事件から着想を得ています。そして、事件の背景について気になって調べているうちに、次第にストーリーが固まっていきました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
とにかく最後まで、読者を飽きさせないように苦労しました。長編だとどうしても中弛みしがちなので、謎や敵を出したり、一部の謎が解決したりと工夫を凝らしています。冒頭とラストは書く前からハッキリと決めていたので、その間が戦いでした。実際に狙い通りに仕上がっているかどうかは自分ではわからないです!
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
就職活動の関係でバタバタしていたために、それほど気にはしていなかったです。就職活動が終わり「一週間くらいはゆっくりするぞー」と気を抜いた、ちょうど翌日に「最終選考残りました」という電話が来ました。そこからは目が回るくらいのさらに忙しい生活でした。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
自分より文章がうまい人や、世界観や設定の作りこみが深い人はいくらでもいたと思います。ですが、この物語を書けるのは自分しかいないぞ、という自負はありました。そこを受け取ってくれたのではないかと思っています。あとは運。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
電撃大賞の素晴らしいところの一つとして、賞の数が多いんですよね。つまり、同期としてデビューする仲間が多いんです。デビュー作の発売翌日、同じく第22回電撃大賞で《金賞》を受賞した三鏡さんと駱駝さんと東京のバーで談笑したのは良い思い出です。感想を伝えて、次回作の方向性を尋ね会って、さっそくネットや書きこまれる批評やレビューに驚いて……。執筆する上では、ありとあらゆることが個人戦だったのですが、誰かと一緒に自分の作品について語るのがこれほど楽しいこととは今まで知りませんでした。そして、駱駝さんに食べさせられた《フラインドチキン乗せワッフル+大量のメープルシロップ》の味も今まで知りませんでした。意味不明な味でした。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
まだデビューして日は経っていませんが、大変なことだらけです。たとえば、これを読んでいる皆さんが、その努力の果てに素晴らしい作品を書くわけじゃないですか。「うおおおぉ、これは人生最高の出来だ!」と興奮して、投稿してデビューするわけじゃないですか。で、次に編集者さんから言われる言葉はひとつです。「では、次回作は受賞作より面白いものをお願いしますねー」……当たり前なんですけど、これが大変なんです。恐ろしいよ! 逆に言えば、そのハードルが楽しさでもありますが。自分は、一個アイデアが浮かぶたびに叫んでおります。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
ニュースを見て、感じたこと、思ったことはすぐにメモするようにしています。殺人事件などがテレビで流れると、実行犯を影で操っている黒幕を探します。そして面白い犯人像が浮かび上がったら、メモします。この不謹慎な妄想が、創作に結びつくこともあるので侮れません。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
自分自身の作品にイラストがついたとき、です。特に作品内の挿絵ではなく、表紙やポスターなど自分の想像から離れた絵を見たとき。おそらく人目をひくようにと、イラストレーターさんや編集者さんが必死に作ってくれた絵を見た時の感動は忘れられません。「自分自身の作品は、こんな雰囲気だったのか! これが読者さんに伝わっていくのか!」と客観的に見れるのが楽しいです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
このインタビューで「松村涼哉」という文字列を見かけて、「あれ……?」と違和感を抱いたみなさん。そうです! このインタビュー欄は、デビュー二ヶ月の若造が書いているのです。なんと半年前まではただの素人だった人間が、偉そうにふんぞり返って質問に答えていたわけです。(ふんぞり返っては言い過ぎましたが……)ですから自分自身がアドバイスをできることは少ないです。健康大事、睡眠超大事、編集部までのエレベーターが恐い、とか。そして、その中で一つ有益と信じるものを絞るなら、一日一回は書く習慣を作ることだと思います。毎日書き続けていると、普段から小説の中身を考えるため、ときに最高のアイデアが思いついたり、生活の些細な出来事がストーリーと結びつけたりします。そうなれば自然に質も上がるし、きっと量も増えるし良いことづくめ! あまり習慣化していない方には、オススメです。どうせプロになったら毎日書きますしね。そしてデビューした暁には、駱駝さんがご飯を奢ってくれるはず!! ワッフルにフライドチキンを載せて、メープルシロップをふんだんにかけた例の物を!!