出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第53回 角埜杞真

プロフィール

『トーキョー下町ゴールドクラッシュ!』(メディアワークス文庫)で第22回電撃小説大賞〈大賞〉を受賞しデビュー。東京生まれの東京育ち。心のふるさとは岐阜県関市。

『ただ、それだけでよかったんです』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
数年前からです。それまで小説を書こうと思ったことなど一度もなかったのに、ある晩ふと、作家を仕事にしようと決めました。時間軸としてはほぼ同時なのですが、まず作家になることを決めて、それから書き始めたんです。そうして始めの一行を書いてみたら楽しくて、あっという間に夢中になりました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
オール讀物新人賞やR-18文学賞、小説宝石新人賞など、短編の賞に数回応募しました。全部で十作品程度送ったと思います。電撃大賞への応募は二度目です。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
もともと一読者としてメディアワークス文庫が好きだったので、新人賞をやっていないかなと探してみたのがきっかけです。メディアワークス文庫単体での公募がないことを知り、桁が間違っているんじゃないかと思うほどの応募数を見て、それで少し躊躇(ためら)いましたが、せっかく書けたものがあるし出してみようかな、と。面白ければなんでもアリというコンセプトに惹かれたのと、選評をいただけるというのも魅力で、応募を決めました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
特に何かをアイディアの源泉にした、ということはありませんでした。ただ、これまでは身の周りの小さな出来事を書いてきたので、せっかくの長編だし、どうせなら大きな事件を書いてみたいなと考えた結果、金融系を取り上げてみることにしました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
長編に慣れていなかったので、シナリオを上手にまとめることに一番気を遣いました。散りばめた伏線がすべて回収しきれているかどうか、辻褄の合わない箇所がないか、プロットの段階で力を入れて検討しました。パズル的な感覚でしょうか。訳がわからなくなって頭を抱えたこともありましたけど、それもまた、楽しい苦労だった気がします。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
途中まではうっかり忘れていたのですが、たしか3次選考辺りだったかな。思い出してチェックしてみたら残っていて、でも、それ以降は敢えて、意図的に忘れようとしていました。ジリジリと緊張しながら結果を待ち続けるよりも、果報は寝て待つくらいが良い結果につながるかな、と勝手に思って。最終選考に残ったと連絡をいただけたときには、だから本気で驚いて、心臓がギュッとなりました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
運、です。運が良かった。ただ、それだけだと思います。もちろん、自分なりに気をつけたシナリオの整合性なども評価していただけたのだと思っていますが、ある程度の段階になってくると、最後はもう、運と縁とタイミングですよね。昔から、運は良いのです。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
ギリギリまで改稿を重ねたこともあって、とにかくずっとあたふたしていました。授賞式やラジオ収録など初めての経験もたくさんありましたが、もっと劇的に変化するかと思っていた世界は、案外そのまま変わらなくて。相変わらず、いまもあたふたしています。
その中でも一番記憶に残っているのは、同期受賞の電撃文庫チームの三作が一足先に発売になった日のことです。発売日当日の書店で、ずらりと平積みになっている本たちを前に、しばし感慨に耽りました。自分のじゃないのに、なんだかとても嬉しくて。と同時に、不思議と緊張して。ああ、ほんとうに書店に並ぶ本を書いている人たちの仲間入りをしたのだな……と、しみじみしながら三作品を買って帰ったことを覚えています。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
いま、まさに大変です。反面、楽しくもあります。小説書きを趣味だと思ったことはありませんでしたが、デビューするまでは「誰が読んでくれるのか?」を考えたことも、実はあまりありませんでした。でもこれからは、「どんな読者さんが、どんな風に読んでくれるのだろう?」「どんな話を読みたいのだろう?」を、もっと考えていかなければならないと知りました。ある意味、読むプロである編集者の方々からの意見やアドバイスは的を得ていて重たくて、落ち込むことも多いけれど、いままで自分ひとりの脳内で閉じていた世界が広がって行くのは楽しいです。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
たくさん本を読み、漫画を読み、映画を観て、舞台を観て、たまには絵画も鑑賞して。言葉と共に生まれて言葉と共に生きてきたようなナチュラルボーン作家ではないので、できるだけ様々なエンタメや芸術などに触れることを心がけています。最近は、昔からあまり得意でないテレビも、がんばって観ています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
下世話な話ですが、出版社から銀行にお金がチャリンと入金された瞬間。つくづく、己の幸運を噛みしめました。……というのも、まぁ嘘ではないですが。ほんとうに作家になってよかったと実感するのは、小説を書いているときです。もしかしたらただのアブナイ妄想にしかすぎないものを、小説という形で公明正大に表現できること。これほどの喜びはありません。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
デビューしたばかりで、アドバイスというのもおこがましいのですが……。電撃小説大賞は懐の深い賞なので、色々難しく考えすぎずに、書けた作品をどんどん応募しちゃえばいいのではないでしょうか。
とはいえ応募に際しては、当たり前だけれど、応募規定を守って、誤字脱字をなくして。基本的なことも大事だと思います。
そして、できるだけのことをやったら、あとは〝運〟なので。それから縁とタイミング。果報は、のんびり寝て待つのがオススメです。
いつか授賞式の場でお会いできることを、楽しみにしています。