出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第54回 三鏡一敏

プロフィール

『ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理(ブロシェット)~』(電撃文庫)で第22回電撃小説大賞〈金賞〉を受賞しデビュー。最新刊『ヴァルハラの晩ご飯II ~オオカミとベルセルクの野菜煮込み(ラタトゥイユ)~』(電撃文庫)は2016年6月10日に発売!

『ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
高校3年生くらいの頃からだったと記憶しています。当時書いていたものが小説と呼べるものだったかどうかは別として、ですが。でもこう言うと、「今は小説と呼べるものが確かに書けている」と言っているようにも取れますね……。ご安心下さい。そう本人が言い張る限り、それは間違いなく小説です。ただし、そうして書き上がったものの善し悪しは別問題ですけどね。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
実を申しますと、私はこうして受賞するまでに様々なライトノベル系レーベルの小説賞へ応募をし続けてきました。が、私が初めて応募した賞は電撃小説大賞です。第14回から応募を始めて毎年応募し続け、第21回でようやく1次通過(つまり2次落ち)。そして、第22回で無事受賞。ちなみに言うと、電撃以外のレーベルの小説賞で1次を通過できたのはたった1回です。つまり私の小説応募人生で、1次を通過できたのは受賞作を含めて3回だけという事。人からよく言われるのは、「よく諦めなかったな」です。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
これは非常に単純です。よく調べたわけでもなく、あくまでも当時の私の個人的な印象なのですが……数ある小説賞の中で一番規模が大きく有名なレーベル、それが電撃小説大賞でした。なので、どうせならそういう場所で華々しくデビューできたら……と、夢を膨らませたのがきっかけです。我が家にある数少ない小説が、よく見てみたらほぼ全て電撃文庫だった、というのも理由の一つですね。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
断然『兄との会話』です。私には双子の兄がいるのですが、その兄も小説を(趣味で)書く人間でして、小説談義をするのは日常茶飯事。こういう小説を書いてみるのはどうだろう? あの作品はこのように面白い。なら自分はこう書こう。そうやって話をする中で生まれてきたのがこの受賞作です。本作は北欧神話を題材にしておりますが、そもそも北欧神話に興味を持ったきっかけは、学生時代にプレイした某RPGです。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
心がけていたのは、奇抜さです。本作が題材にしている北欧神話は、創作の分野においてはある意味「ありきたり」な題材。実際にそう言われてしまう作品になってしまわないよう、随所に工夫を施したつもりです。具体的に一つだけ挙げるなら、主人公がイノシシなところとか。神話の特にマイナーな部分を掘り下げて目新しさを出しつつ、原典神話の設定と齟齬が生じないようオリジナルの解釈も交えて物語に落とし込む……そんなところが苦労したポイントの一つでしょうか。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
当然チェックしていました。と、言いたいところですが……何しろ応募生活9年ですからね……流石にもう無理だろうと思って、それほど気にしてチェックをしていなかったのが現実です。1次通過は確認して、2次通過していた事を3次通過と同時に知り、そこまで来てようやく「おや?」と思い始めました。そこから先は選考通過を祈る反面、「どうせ自分はデビューなんてできないからここまでだろう」と、勝手に終わった気になっている自分もいて……。その後、最終選考に残ったという連絡を頂いた時は喜びに飛び上がるというよりは小さく丸まって、震えながら喜びを噛み締めた感じです。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
総合的な「面白さ」と、その中にある「奇抜さ」。あとは「運」。と思っていたのですが……授賞式の時にとある先輩作家様から非常に身になるお話を聞かせて頂き、考えが変わりました。「自分が面白いと思って書き上げた作品は、間違いなく面白い。それをツマラナイという人がいたとしたら、その人に作品の面白さを伝えられていないだけ」。今回私が受賞できたのは面白い作品が書けたからではなく、きちんと面白さを伝えられる作品を書けたからなのだと、こっそり思っています。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
色々な思い出がありますが……最も印象的なのはやはり、デビュー作が発売となった日の翌日の出来事ですね。第22回電撃小説大賞で《大賞》を受賞なされた松村涼哉さんと、同じく《金賞》受賞者の駱駝さんと私の3人で東京のお店に集まり、楽しくお話をさせて頂きました。それとワッフルチキン。デビューより少し前の話をするなら、勤めていた会社の皆さんにお祝いして頂いた事も忘れられない思い出です。亡き父の仏壇に発売された本を飾ったりもしましたが……あの挿し絵一発目を見て、草葉の陰の父は一体どんな顔をしたんでしょうね?
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
小説を書くという事の全てが大変であり、全てが楽しいです。この考えはデビュー前と変わりありません。が、1つだけ変化を挙げるとすれば、デビューが決まってからの私は『1人で小説を書いているわけではない』という事です。全体の詳細なプロットを決め、書いたものを担当編集者さんに確認して頂き、出てきた疑問を1つずつ解決していく。その他、校閲さんから出た疑問、同期の仲間や読者さん達のご感想、様々な情報を吟味して文章を練り上げていく。大変さも楽しさも、より強まった感じです。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
常に意味のある文章を書く。これに尽きます。例えば、ストーリーとは特に関係のないコメディ展開が繰り広げられる場面があったとして、そこにも意味を持たせたいというのが私の考え。あとは、登場人物の個性を殺さない事でしょうか。私の場合は仕草を描写するよりも、セリフでキャラを立たせようとする傾向が強いような気がします。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
本が書店に並んでいる姿を見た時。そして読者さんに作品を褒めてもらえた時。と、思っていたのですが……実はこのインタビューに答えるにあたって参考にさせて頂いた全53回分の作者様方のご回答を見て、もう一つ思い浮かびました。作家になってよかったと思う事、それはズバリ『イラストがついた時』です。この感動ときたら、他に例えようがありません。ファルまろさんありがとう!
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
受賞するためのアドバイスは私には難しいです。もう1回受賞しろと言われてもきっと無理でしょうし。なので私からは『デビュー後に役立つアドバイス』を一つ。もしあなたがデビュー作のシリーズ化を望むのであれば、1巻を超えると思える2巻の内容をぼんやりとでも用意しておきましょう。1巻(応募作)で手を抜けと言っているわけではありませんよ? 強さのインフレは、何も少年漫画の中だけの出来事ではないのです。……などと偉そうな事を言っておいて、結局これも月並みな一意見。自分の感覚を信じて突き進むのが何より大切です。あと、受賞式で前期受賞者を困らせたくなければ作品名に気を遣いましょう。その意味は、受賞すれば分かります。