出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第55回 駱駝

プロフィール

『俺を好きなのはお前だけかよ』(電撃文庫)で第22回電撃小説大賞〈金賞〉を受賞しデビュー。最新刊『俺を好きなのはお前だけかよ(3)』(電撃文庫)は2016年8月10日に発売!

『俺を好きなのはお前だけかよ』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
24歳の時に、世に自分がいたという証明となんらかのエンターテイメントを残したくて、目指しました。
とりあえず書いてみて、自らの処女作を読み直した時は思いましたね。天才、誕生したなと。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
電撃大賞に限らず、約5年間様々なライトノベルの賞に応募していました。
原稿をおくるものから、Web応募のやつまで色々。
天才は世界に認められるには時間がかかるようで、沢山1次落ちを経験しましたよ。
はっはっは。はぁ……。この辺で、自分が天才ではないと気がつきました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
調子に乗っていたので、「やはり、この天才を世に出すのは、ライトノベル業界最大手電撃文庫が相応しいだろう」とどこよりも最初に、電撃小説大賞さんへ応募させていただきました。
そうすると、「調子のんなボケ」と1次落ち×3をいただいたので、「このセンスのない選考者どもめ!」と悪態をついて、しばらくは電撃小説大賞さんをスルーして他の賞に沢山応募して、現実を学びました。
その後、受賞した時の作品を電撃小説大賞さんに応募したきっかけは、アレですね。
やっぱり、電撃文庫作家になりたかったからですよ。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
通勤中に歩きながら、ラブコメを自分なりに面白くする方法を考えていた時です。
鈍感主人公って多いけど、敏感主人公ってあんまりいないよな。
じゃあ敏感主人公の話書いてみよっかなー。いや、でもそれで実際にモテるのってどうなんだろう?
よし。勘違い系敏感主人公にしよう。こんな感じで誕生しました。
基本的に、歩きながら適当に色々妄想して、ピピッときたやつをそのまま使ってます。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
できる限り簡単な単語、文章を心がけました。
自分の場合ですが、主人公は学力が平凡な高校生という設定の男の子の一人称で進む話ですので、
そんな男が難しい表現とか、凝った思考は持たないだろうと。
ここを工夫しつつ、苦労したといえばしました。
決して文章力がないことの言い訳ではないので、そこは勘違いしないように!
真実:言い訳=4:6ぐらいです。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
1次選考の結果が発表されてから、私の日課は『F5』キーを連打することでした。
気持ち的には、通ったのかなぁ。通ってないのかなぁ。とドキドキしてましたが、可愛い言い方ですが、
3次選考の結果発表の後から4次選考の結果発表までの私は、友人曰く『君と出会って10年になるが、一番めんどくさい時期だった』とまで言っていただけました。つまりはNo.1ってことですね。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
自分の思う『面白い』と、第22回電撃大賞の選考に関わった方々との『面白い』が、縁あって合致したからかなと。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
つい先日、『僕と三鏡さんがフライドチキンとワッフルネタを使ったんだから、駱駝さんももちろん使いますよね? 天丼、得意ですもんね!』と、あとがきに迷路を書いて、あとがきボツとかいうファンキーなものをくらった人から、なぜかデビュー当時の思い出の内容指定がきたので、そちらのパスを受け取らせていただきますと、ワッフルチキンを食べさせるためにうきうきと東京へと電車で向かっていたら、残り2名から待ち合わせ1時間前に『到着しました!』と連絡がきたのはいい思い出です。まったく、どれだけ私に会うのが楽しみだったのやら。。。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
担当編集さんがとある条件を満たして面白く書けた時に、口癖らしきものを言っていただけるので、それを言ってもらうのが大変であり、言ってもらえた時はとても楽しいです。
あと、とある事件が起きた時に冗談で『これは坊主ですね!』って言ったら、
本当に坊主になって打ち合わせに現れた担当編集さんがいた時は大変だった。本当に大変だった。。。
冗談は考えて言わなきゃいけないなと身に染みました。 もうしないで下さい。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
いけるところまでいく。やりたい放題やる。ふと冷静になった時に、ちょっと後悔せずにもっとやる。
人に気を遣って自分の個性を抑えないようにを心がけ、大事にしています。結果、NGをもらえます。それでも、僕は懲りずにやり続けるでしょう。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
ファンレターを頂いた時、色々な作家の先輩方と交流できた時、同期の皆さんとお互いの作品について語ったりできた時、電話で作家名を名乗った時、ラジオ収録で元気よく話してねと言われたので元気よく話してみたらドン引きされた視線が飛んできた時、とある方が出版後の誤字脱字修正で『駱駝さんがこっちじゃないの?って言ったから直そうと思います』って担当編集さんに相談したと後で聞いた時……あれは血の気が引いた。コンマでもカンマでも、どっちでもいいと思うって言ったじゃないですかぁ~。まじコンフュージョン。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
作家としては手探りな状態ですが、あくまでも受賞者として、受賞までにやっていたことベースで語らせていただきます。
個人的な見解ですが、読んだ人全員に『面白い』と言ってもらえることと読んだ人全員に『面白くない』と言ってもらえることは、同じくらい難しいと思います。つまり、どんな作品であれ、作者の方が精魂こめて書き上げたものには大なり小なり『面白さ』が存在して、それがどのくらいの人に刺さるか、どれくらい面白いかが大切なのかなと勝手に思ってます。なので、アドバイスとしては二種類ありまして、まだ自分が知らない、または理解できない面白さを理解して、これまでの自分の面白いに新たなる面白いを組み込んでいくか、自分が面白いと思うものに磨きをかけて特化させたものを作っていくかをしていくといいと思います。ちなみに私は、この両方を本人的にはやったつもりです。こんな方法もあるじゃんって、他の方法が思いついた方がいらした場合は、何かしらの方法で私に教えて下さい。