出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第56回 新 八角

プロフィール

『血翼王亡命譚 I ―祈刀のアルナ―』(電撃文庫)で第22回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞しデビュー。最新刊『血翼王亡命譚III ―ガラドの夜明け―』(電撃文庫)は2016年9月10日に発売!

『俺を好きなのはお前だけかよ』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
7年ほど前、偶然見つけた大学ノートにファンタジーを書き始めたのがきっかけです。誰に見せることもなく、長い長いプロローグを書き、結局物語が始まる前に飽きてしまいました。頭の中で構想ばかりが膨らみ、まったく言葉が追いついていませんでしたね。正直に言えば、今でも言葉が追いつかずにもどかしく思うことしきりです。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
データが残っているのは電撃大賞第16回、第17回、第21回でした。すべて1次選考落ちです。他のライトノベルレーベルやSF系の新人賞にも応募しています。一度だけ3次まで行ったことがありましたが、結局駄目でした。毎年何かしらの新人賞には応募していたはずです。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
電撃文庫がやはりレーベルとして大きく、作家を支える力があるだろうと思ったこと、加えて電撃小説大賞が電撃文庫向けとメディアワークス文庫向けを一緒に審査していることが理由です。自分の作品がどういうジャンルか、どういう読者層に向けたものか、といったことを悩まずに応募できるというのは大変楽ではあります。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
剣戟描写は秋山瑞人先生の『DRAGON BUSTER』、世界設定は小野不由美先生の『十二国記』に影響を受けています。あくまで姿勢程度ですが。ファンタジー世界の骨格はすべて自分の妄想ですが、基本的に小説を書く際、ストーリーや物語の感情線みたいなものが先に決まるので、肉付けはその場の思い付きです。肉付けの着想は皆実際にある情報を使っています。海外の街の写真を見たり、歴史や文化を勉強したり、そういった経験のつぎはぎです。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
最初から意識していたこととしては、文章の読みやすさよりも、世界観やハイファンタジーならではの雰囲気を優先させたことです。もちろん、平易なものと晦渋なもの、どちらがいいかという話ではなく、自分の作品が一番魅力的になるような調子を選んだ、ということです。面白さより読みにくさを強く感じる、といったご感想に対しては、もう私の力不足ですね。精進します。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
すべて確認をしていました。電撃小説大賞の1次を通ったのが初めてだったので、それだけで幸せだったと思います。ある意味、選考落ちは上手くいくまで何度でも見ることができますが、通過を確認できるのは一度きりの体験ですので、やはり自分の目で見て結果を噛みしめるといいのではないかな、と思います。実際に落ちたと分かった時はそりゃもう絶望するんですけどね。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
講評によると、やはり雰囲気だったのかな、と。読みやすさを犠牲にしている分、それくらいは表現できていないとただの自己満足になってしまいますし。あとは単純に、小説に必要なものを最低限備えていたことでしょうか。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
実は1冊目も2冊目も、いまだ書店に並んでいる光景を自分の目で見ていません。故に、本当に売られているのか真偽のほどは分からないという……。現代はネットがありますから、本の感想やら友人達の購入報告やらで当然発売されていることは確認できましたが。それでも、自分が本を出版したのだという事実が遠い国のお話のように思われました。日本から遠い国にいたので。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
3巻執筆中には初めて腰痛というものを経験することができました。これはしみじみとつらいです。小説を書いているときは食事や睡眠が面倒で仕方なくなりますので、それもまたつらいなあと。楽しいことに関しては、送られてくるキャラクターデザインにときめいたり、担当編集の方の助言に唸らされたりといくらでもあるのですが、何が一番かと言われれば、やはり小説を書いていること自体でしょうね。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
書いていて少しでも面白くないな、と思ったら無理に書かないことです。そして面白くなるまで、必要ならば何日でも考えます。丸一日椅子に座って、あーでもないこーでもないと言いながら悩んでいるだけの時もあります。そういう時は大抵シャワーを浴びている間に答えが出て、あの不毛な時間は何だったんだと思うのですが。とはいえ、何も進んでいない時間も小説が面白くなるためには必要ではないかと思っています。無理にでも前に進む気合よりか、前に進まない勇気の方が大切かなと。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
編集の方に助言をいただく時、素晴らしい挿絵がついて、目次がついて、本として形になる時、見知らぬ読者の方の感想をいただく時、そういう自分以外の方との関わりに触れる時です。結局のところ、ものを書いている幸せは作家になる前も今も何も変わっていません。しかし実際に小説を出版していただく中で、誰にも見せない大学ノートでは得られない幸せもあるのだと知ることができました。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
書き続けましょう。