出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第57回 結月あさみ

プロフィール

『恋するSP 武将系男子の守りかた』(メディアワークス文庫)で第22回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞しデビュー。

『恋するSP 武将系男子の守りかた』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
小説と言えるような立派なものではありませんでしたが、小学校の3年生ぐらいの時にアニメの二次創作を始め、5年生か6年生くらいの時にはオリジナルを書き始めていました。きっかけはお友達との交換日記でしたが、その頃から妄想体質の不気味な子供だったと思います。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
電撃大賞への投稿は今回が初めてでしたが、それまで他の文学賞への投稿を正味2年ほどやっていました。賞の内容を調べることもなく、ジャンルにこだわることもなく、闇雲に締め切り日を追いかける無謀なチャレンジ投稿をでした。結果を待つ時のワクワク感がクセになり、投稿中の作品がダメでも、次の結果発表が待てるようにチェーン投稿をしていました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
さまざまな文学賞に応募していた頃、私がライバル認定していた超実力派のワナビさんが『次は電撃に出してみようかな』とTwitterで呟かれたのを見たのがきっかけです。なんと、大賞の松村さんも彼女をライバル認定していたことを知り、びっくりしたのは受賞後のお話です。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
本作を書く少し前、『なぜ長尾景虎は生涯独身を貫いたのか』という謎に対して『なぜ』を5回繰り返した私は、勝手な妄想だけで1本の時代小説を書き上げました。その物語は景虎とある姫君が戦乱の世に引き裂かれるという悲しい物語でした。元来、シリアスな物語を書いた後は、必ずコメディを書きたくなるという体質でして、前作が悲しければ悲しいほど反動は大きく、こんな物語になってしまいました。後日、ダ・ヴィンチの取材で、同期の星奏さんが同じ病気……いえ、同じ特異体質だと判明しました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
心がけていたのは、読んで下さる方へのサービス精神です(笑)。読む方が苦痛にならないよう、回りくどい表現は避け、読みやすい文章を心がけました。あと、できるだけ退屈せずに読んでいただけるよう、適度なタイミングで物語を展開させるよう努力しました。応募段階では好きなように書いていたので、あまり苦労はありませんでした。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
発表は1次からチェックしていたのですが、1次通過は20作ぐらいだと思い込んでいたので、スマホで発表画面を見て『アカン。落ちた』と思いました。そして、その後も2~3回、『アカン、落ちた』と落胆しては、PCで見直してホッとするという行為を繰り返しました。電撃大賞は何度も選考があるので、一度の投稿で何度もワクワク感が味わえ、お得感があります。できることなら、素性を隠してまた電撃大賞に応募してみたいです。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
ある編集さんがおっしゃっていたのですが、文章力も構成力もあって毎回最終まで残るのに、なぜか残念な結果に終わる作品は、突破力に欠けているのだそうです。
突破力とは『勢い』と『個性』で、そういう作品は文章が下手でも目にとまる、とのことでした。まあ、私の場合、決め手は『運』と『選考委員の皆さまの懐の深さ』でしょうか。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
受賞式の日、何の祟りか、私の右目は腫れていました。そのせいで、目許が左右非対称になってしまったので、左目も一重風にメイクしたりして、何とかごまかして式に出席したのですが、鏡を見るたびに憂鬱になりました。なのに、舞台の上で大勢の人目に晒され、場所を変えて色々な場所で写真撮影をされ、もうほとんど罰ゲームをうけているみたいな心境でした。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
私は大阪在住なので電話で編集さんと打ち合わせをするのですが、一時間とか二時間があっと言う間に過ぎてしまいます。楽しい雑談も交えながら、じっくり打ち合わせをして頂いたあと、『わかりました』と元気よく電話を切って、指摘された部分を訂正して提出するのですが、前より悪くなってしまっていることが多々あります。きっと、電話が混線しているのだと思います。という感じで大変は大変なのですが、これまで一人であてもなくやっていた孤独な作業と違って、編集さんと一緒に次回作を模索できることが楽しいです。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
作家になりたいと思ったことはなかったのですが、ずっと、『自分が読みたいものを自分で書きたい』という願望がありました。そのせいで、小学生の頃から、暇さえあれば、『何か面白い話、ないかなぁ』とネタを探し、物語を考え続けていました。あと、『この場面/気持ちを言葉で表現するのは難しいなぁ』と思ったら、あえて頭の中で文章にしてみるという訓練をしていました。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
同期のみんなとワイワイしている時です。受賞者は受賞式の朝、初めて顔を合わせるのですが、その日はリハーサルから夜の打ち上げまで一日中一緒に過ごすことになります。受賞スケジュールの合間、一緒にお茶を飲んだり昼食を頂いたりするのですが、みんな個性の塊のような人たちなのに、心根はとても優しく寛容で、目の腫れている私のことも快く受け入れてくれました。今でも連絡を取り合い、同期で集まったり、メディアワークス組で女子会をしたりしています。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
書くという作業は孤独です。けれど、これを黙々と続けなければ物語を生み出すことはできません。テンションが上がらず、書きたくない日もあると思います。なかなか結果が出ずに嫌になる日もあるでしょうが、そんな時、思い出してください。今も数千人の仲間が個々に努力を続けていることを。そして、実りの秋、その数千人の仲間の中から何人かが同期として出会います。電撃という青春のステージで……。どうか、その晴れ舞台に立ったあなたの目が腫れていませんように。(合掌)