出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第58回 星奏なつめ

プロフィール

『チョコレート・コンフュージョン』(メディアワークス文庫)で第22回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞しデビュー。

『チョコレート・コンフュージョン』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
数年前、ファッション誌をパラパラとめくっていたら、なぜか某ライトノベル新人賞の募集広告に出くわして、呼ばれている気がしたんです。無謀にも「私、書けるかも!」と思って執筆を始めた……のですが、こう書くと何か変な人っぽいですよね。自分でも何言ってんだこいつ、大丈夫か? と心配になってきます。
なので今後は、幼少時に筆を取って以来、ストイックに小説を書き続けてきた……なんてカッコよさげな設定でいきたいんですけどいかがでしょうか、ダメですか?
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
電撃小説大賞には第19回から毎年応募していました。1作目(こじらせた主人公の戦争物)は1次で瞬殺され、2作目(こじらせた主人公の青春物)は4次で惜敗、3作目(こじらせた主人公の人斬り物)は2次で消息不明に。4作目(こじらせた主人公のラブコメ)で受賞となりました。主人公こじらせすぎですね……!
また、新作を投稿するのと平行して落選作の改稿を他賞に応募したりもしていました。電撃小説大賞に再投稿するという手もあったのですが、改稿したとはいえ同じ作品を何度も送りつけるのはご迷惑かなと思ってしまって。でも今募集ページのよくある質問と回答を見たらちゃんと書いてありました。電撃、改稿送ってもウザがらないってよ……!
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
前述のファッション誌に載っていた新人賞への投稿は、締め切りの関係で断念せざるを得ませんでした。が、それからしばらくして書き上げた原稿をどこかに投稿してみたいと思い、いろいろ調べているうちに電撃小説大賞に辿り着きました。
実際に刊行されている作品がどれも本当に面白くて、こんな素敵なレーベルの中に自分の本が混ぜてもらえたら幸せだろうなと思ったんです。
また、どんな作品でも柔軟に受け入れてくれそうな風格も大きな魅力でした。実際、私のやたらハイテンションな小説にも賞をくださって、その懐は4次元ポケットのように深い底なしだということが発覚し、ええい、電撃の小説大賞は化け物か! と改めて実感しました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
宿敵に気があると誤解され、迷惑極まりないアプローチを受ける羽目になる主人公って面白いかも! という、ライトノベル的なネタをひらめいたのがきっかけです。ライトノベルなら主人公は青年がいいかなーとも思ったのですが、30代も青年に入ると知り、それなら枯れかけだけどギリギリ青年な35歳を主人公にしようと決めました。枯れかけ男子最高です!
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
今回はラブコメに挑戦しようと決めていたので、文字通りラブとコメディをふんだんに盛り込むよう心がけました。それまでいわゆるライトノベル的なお話しか書いたことがなかったので、これじゃ子どもっぽすぎるかなとか、もっとカチッとした文体にした方がいいのかななど、大人向けなリアリティの加減に苦労しましたが、コメディなのでシリアスな部分も暗くなりすぎないようにしました。明るくしすぎてラブコメディというかラブギャグくらいの勢いになってしまいましたが、結果オーライということで……!
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
心臓に悪いのであまり考えないようにしていたのですが、無意識ではやはり結果が気になっていたらしく、1次発表の1週間くらい前から連日1次落ちの夢を見てしまい、完全に落選気分でいました。なので1次通過したときは、これも夢では? と信じられなくて、ブラウザを開けたり閉じたり何度も繰り返して再確認してしまいました。
いつもいいところまでいって結局ダメなパターンが多かったので、それ以降の結果はドキドキしつつもあまり期待しすぎないようにしていました。落選に備え、「次はこじらせた主人公が腐敗した社会を断罪するべく剣を振るう西洋風暴れん坊将軍でいこう!」と次回作の構想を練り始めていました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
実はよくわからないのです。決め手になるようなことがわかっていたら、過去何度も落選してないですよーっていう……。
それでも、一番はやっぱり運の力でしょうか。受賞したのが第22回だったということにも縁を感じます。というのも、個人的に2という数字が好きで、子どものころから2にひたすら肩入れしてきたんです。なので、長年敬ってきた2の神様が、2のゾロ目回である第22回の受賞に力を貸してくれたのかもしれません。
いろいろな運と縁とタイミングが重なったミラクル回でしたので、別の回では受賞できなかったかもしれないなと思います。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
受賞のご連絡をいただいてからは、長い夢の中にいるようでした。といってもかなり慌ただしいスケジュールで、ふわふわというよりフガフガしていましたが……!
改稿のために打ち合わせをしたり、贈呈式やラジオ(うぇぶらじ@電撃文庫)にお呼びいただいたり、著者校作業に奮闘したり、生まれて初めてのことだらけな日々は緊張感があり、同時に楽しくもありました。完成した見本をいただいたのがちょうど誕生日で、良い記念になったのを覚えています。びっくりするほど表紙が鮮やかで、帯もキラキラと輝いていて、扉絵のデザインも可愛くて、わぁーっ、どっからどう見ても本物の本だ、めっちゃ本だ、すごいすごーい! と感動でぶるぶる震えちゃってました。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
いま大変なのは執筆に充てる時間の確保です。ただでさえ時間がない上に遅筆なので、どうにかスピードアップせねばと日々格闘中です。また、お話をコンパクトにまとめるのが苦手なので、増えすぎたページを削るのにも苦心しています。大量のページをガリガリガリガリ、もう気分は鉛筆削り職人です。
それでも、読者さまから貴重なご意見をいただいたり、頼もしい編集さまにご助言いただいたり、同期受賞の仲間や家族、友人に励ましてもらったりと、多くの方に支えていただいている実感があるので、ありがたくも楽しく執筆できています。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
何かひらめいたらその場でメモを取るようにしています。でないとすぐ忘れてしまうので……。後でいいやと思った数分後には思い出せなくなってモヤモヤしてしまう鳥頭なので、いつも持ち歩いてるスマホにササッと打ち込んで、たまったらパソコンに転送して混沌としたメモを整理しています。執筆中のお話に関係なくても、日常生活でおもしろいなと思ったことや、ニュースなどで知ったネタになりそうなことは、いつか使えると信じて積極的に書き留めるようにしています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
以前の執筆時は、夜中に一人パソコンの前でひたすらカタカタ、妖怪キーボード鳴らしみたいになっていて、こんなことしてていいのかなと不安になったり、家族からも可哀相な目で見られたりしていたのですが、今は公然と書かせていただけるのでとてもありがたいです。妖怪化していても、「ああ、お仕事頑張ってるんだね」という温かい目で接してもらえるようになったので……!
一番よかったと実感するのはやはり、読者さまから面白かったという感想をいただけたときですね。読み終わったあと元気になったと言ってもらえたときは本当に嬉しくて、書いて良かったと心底感激しましたし、逆にこちらの方が元気をいただいているような気持ちになりました。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
デビューしたてのひよっこなのでとてもアドバイスできるような身分ではないのですが、あえて言わせていただくのなら、作品には思いの丈を全力でぶつけてしまいましょう、ということでしょうか。こんなこと書いていいのかなとか、これはやり過ぎじゃないかなとか、執筆中はいろいろ迷ってしまうこともあるかと思います。が、変に遠慮して小さくまとまってしまうよりは、面白さ重視でガンガン自己主張しちゃった方が、作品に勢いがついて良いような気がします。
それだけはダメだ、世界の秩序が崩壊してしまう……級な箇所があっても、受賞後に編集さまからサクッと修正のご指示が出るくらいなので、投稿時には気にせず、作品に熱い思いを響かせていただくのが吉かと存じます!
また、宝くじは買わなきゃ当たらないのと同じで、応募しないことには100%受賞は不可能なので、デビューしたいという思いがあるうちは、落選にめげずにバンバン投稿を続けるのが一番かなと思います。受賞するには運の要素も大きいのですが、運を引き寄せるにはまず行動するしかないので……!