出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第59回 涙爽創太

プロフィール

『俺たち!! きゅぴきゅぴ♥Qピッツ!!』(電撃文庫)で第22回電撃小説大賞《電撃文庫MAGAZINE賞》を受賞しデビュー。

『俺たち!! きゅぴきゅぴ♥Qピッツ!!』
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
それまでもちょろちょろとはやっていたんですが、本格的に書き始めたのは、高校3年生の就職活動中です。
みんなが大学に行くために勉強したり、公務員目指したり、一般就職しようとしている中、何をとち狂ったか、小説書いてメシ食えたら最高だよな~って甘い考えで書き始めたのがきっかけです。
大学の推薦入試のために学校に置かれていた原稿用紙を大量に盗んで、それを使って小説を書いてたので、先生全員から怒られました。
そのとき、「大学行かないクズがっ!! 高学歴候補生の邪魔すんなっ!!」って怒られた気がしますが、よく覚えてないです。たぶん言われてないです。
結局、その年は1本も小説を書けず、まる1年プータローした後、普通に就職しました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
正直、落ちるのが怖くて怖くて、どこにも1本も送りませんでした。
それまで、「自分を高める」という腰抜けな言い訳を盾にして、ずっと色んな本や映画を見てました。自分はまだ送る段階のレベルに達していないという、いつまで経っても送らない奴がよく言う「負のスパイラル」ってやつに陥っていました。
仕事も、辞めた後に小説だけを書く時間を手に入れるためという理由で、ひたすら働いて、貯金ばっかりして過ごしてました。
そして、忘れもしません、21歳のとき、仕事先が嫌で嫌で仕方なくなって、勢いそのままに辞めて、1年『また』プータローをしながら小説を書きはじめ、第22回電撃小説大賞に応募しました。貯金が書いてる途中でなくなって、携帯電話が何度も止まりました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
見込みのない夢を見ることに疲れていたんだと思います。
ダメそうな倍率のところに送って、目を覚まして普通に就職したかったんだと思います。
絶対ダメに決まっていると思っていましたから、送ってすぐに豚骨ラーメン屋でアルバイトを始めました。
最終選考に残ったという電話が来たとき、送ったことすら忘れて、バイト先の製麺機で麺を三百玉ぐらい製造していて、電話に出られず折り返したぐらいです。知らない電話番号からの着信履歴を見て、最初架空請求だと思ってました。担当さん、ごめんなさい。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
自分の始まらなかったしょぼい恋愛を、誰かに救ってもらいたかったことがはじまりです。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
心がけたことと、工夫したことは、ヒロインより男キャラクターをメインに書くということです。同じ男なので、気持ちを乗せやすいっていう単純な理由です。
苦労したことは、小説を書くこと全部です。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
忘れてラーメンを作ってました。あとで計算したら、3次選考あたりで、上司から豚骨スープ作りを任せてもらえるようになってました。受賞してなかったら、確実にラーメン屋になってました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
書いていたときの切羽詰まった感じが、文章に勢いとして出ていたか、電撃文庫編集部の気まぐれじゃないでしょうか?
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
授賞式のときに、朝食を大量に食い過ぎて、出てきた美味しそうな料理をほとんど食べられなかったことです。これ書いてるとき、すごい空腹なんですが、後悔が半端ないです。
あのとき食べなかった分、今のカロリーに錬金できないですかね?
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
大変だったことは、何度も言いますが、すべてです。
楽しかったことは、キャラクターに言わせたい台詞を思いついたときと、そろそろ書き終わる出口が見えたときです。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
(締め切りを)やぶらない
(アイディアが出て来ないからと言って部屋中を)はしらない
(夜中にテンションが上がったからと言って大声で)しゃべらない
……あ、これ、べつに心がけてませんでした。
面白い小説を書くための努力を常に怠らない、とかですかね。それぐらいです。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
自分のなかで最高に面白いアイディアが思いついたときです。これを生かせる仕事に携われて、本当に良かったです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
上記の、ぼくがデビューするまでの過程は、絶対に真似しないでください。
ぼくの言ったことを真似したら、いつまでも書けませんし、口で語るだけで実行力の何もない、人としてダメな部類にカテゴライズされてしまいます。
小説はどんどん書いて、どんどん応募してください。
いっぱい書けば、その分ストックも溜まるし、文章を書く経験にもなります。
受賞するまでのおこないが、あなたの財産になります。
それがない人は、後々すごく苦労します。頑張ってください。